2018年01月18日

「キングスマン2:ゴールデンサークル」

poster67x94.jpg

見てきましたー!
キングスマン一作目を鑑賞後
いてもたってもいられなく、
劇場に走って 二作目鑑賞!
すごく面白かったですー。

舞台を、イギリスからアメリカに移し
派手なアクションが展開!

前作で、キングスマン候補生から落第し
なんやかんやで、隻腕になったチャーリーが
OPからいきなり襲いかかる!
機械化された腕で襲いかかり
めっさ派手なカーアクション!

なんとか、敵を排除し
秘密基地に帰還したはいいが
車の中には、機械腕がごろり…
そこから、大変なことになってゆく!

今回の敵役はジュリアン・ムーア
私好みの優しいお姉さん
おいしいハンバーガーも作ってくれるし…
とんでもねえサイコな役を
やさーしく演じる。
カンボジアの奥地で、麻薬を製造し世界的に密売して
ものすごい収益をあげている。
日本でこの映画をリメイクするときは
ぜひ高樹沙耶さんで…げふんげふん

そして、「なんでおまえソコにいるんだ?!」となった
エルトンジョン!おねえちゃんに誘拐されて
無理クリ歌を歌わされているのだが
派手な衣装を着せられて、ぷよぷよしている姿は
どこから見ても高木ブー
エルトンジョン、けっこう活躍してワロタ

さて。苦言…
一作目で、ものすごく思い入れを深めた
主人公の相棒的女性ランスロットの死に方は
あんまりだ…あんなにあっさり死んでいいキャラじゃないハズ。
(王女様よりランスロットのほうが絶対かわいいぞ)
あと、マーリンがいなくなって
3作目どうすんだ?!

俺は次回作が見たいのだ!
一回ぐらいは、「実は死んでなかったの」を許すから
復活させてくれ!ください!

とにもかくにも、
3作目の制作に期待!


続きを読む
posted by はるきゲにあ at 10:16 | TrackBack(0) | 映画感想

2018年01月17日

キングスマン

200.jpg

映画を連日見まくって、劇場で見る映画が枯渇してきたので
とりあえず 「キングスマン: ゴールデン・サークル」を見ようかなと思ったが
ちょいまて これは 確か二作目だ…
一作目のとき 黒淵メガネをかけた英国のおっさんが、
こうもり傘で銃弾雨あられを
防御して戦ってたテレビCMを見たっけか…

荒唐無稽な設定のコメディ映画かな?
ピンクパンサー的な…?
一作目見た方がいいのかな?
で…映画好きの友達に電話…
「あのさあ、キングスマンの二作目 
 劇場に見に行こうと思うんだけど
 一作目見なくても大丈夫だよね?」
「ターミネーターを、二作目から見る阿呆になりたいのか?」
「…了解した!」
で、円盤ポチって視聴!

うっわあああ!面白れー!
なんで俺、この映画劇場で見なかったんだああ!
めっちゃ悔やまれる!!

イギリススパイ映画の復活!
ジェームスボンド ジェイソンボーンと互角に戦える 
ドキドキハラハラ そして
ユーモアたっぷり!娯楽映画の真骨頂!

人間同士の乱闘の組み立てが見事で、何度も見直してしまった。
もう公開から 2年経過しているので
ネタバレもなにもだけど

コリン・ファース演じる ベテランスパイのかっこよさと
キングスマン候補生となったタロン・エガートンの
スパイ適性試験が見事!

絶対にスパイになれそうにない所から、どんどん成長してゆき
最後に世界の破滅を救わないといけなくなる展開が
鮮やかすぎて、嬉しくなる。

スパイ映画やアクション映画の場合
敵キャラクターがどれだけ際立っているかが成功の鍵だが
サミュエル・L・ジャクソン演じる世界規模のテロ計画を進めるIT富豪がとても良い味だしている。
「世界を救うためには、世界人口を減らさなければならない」この信念は、かなり共感できるので
危ない…
敵美女のガゼルというおねえちゃんが 怖い怖い!
両足が義足が、めっちゃキレ味のいい刃物で、人間を脳天から真っ二つに両断する。
有能な上に美人で身体能力が素晴らしい。
演じるのはソフィア・ブテラさん。アルジェリア系フランス人のダンサー。との事

とにもかくにも
危機 また 危機の連続で
敵基地ないの絶対絶命のシーンからの
一転起死回生の一発は
映画史に残る見事さだ!
(やはりネタバレは書けない)
見た人は、「ああ あれか」とニヤニヤしてください。

素晴らしいスパイ映画でした。
さあ二作目は 劇場でみるぜええええ!!
posted by はるきゲにあ at 10:29 | TrackBack(0) | 映画感想

キングスマン

200.jpg

映画を連日見まくって、劇場で見る映画が枯渇してきたので
とりあえず 「キングスマン: ゴールデン・サークル」を見ようかなと思ったが
ちょいまて これは 確か二作目だ…
一作目のとき 黒淵メガネをかけた英国のおっさんが、
こうもり傘で銃弾雨あられを
防御して戦ってたテレビCMを見たっけか…

荒唐無稽な設定のコメディ映画かな?ピンクパンサー的な…?

で…映画好きの友達に電話…
「あのさあ、キングスマンの二作目 劇場に見に行こうと思うんだけど
 一作目見なくても大丈夫だよね?」
「ターミネーターを、二作目から見る阿呆になりたいのか?」
「…了解した!」
で、円盤ポチって視聴!

うっわあああ!面白れー!
なんで俺、この映画劇場で見なかったんだああ!
めっちゃ悔やまれる!!

イギリススパイ映画の復活!
ジェームスボンド ジェイソンボーンと互角に戦える ドキドキハラハラ そして
ユーモア!娯楽映画の真骨頂!

人間同士の乱闘の組み立てが見事で、何度も見直してしまった。
もう公開から 2年経過しているので
ネタバレもなにもだけど

コリン・ファース演じる ベテランスパイのかっこよさと
キングスマン候補生となったタロン・エガートンのスパイ適性試験が
見事!

絶対にスパイになれそうにない所から、どんどん成長してゆき
最後に世界の破滅を救わないといけなくなる展開が
鮮やかすぎて、嬉しくなる。

スパイ映画やアクション映画の場合
敵キャラクターがどれだけ際立っているかが成功の鍵だが
サミュエル・L・ジャクソン演じる世界規模のテロ計画を進めるIT富豪がとても良い味だしている。
「世界を救うためには、世界人口を減らさなければならない」この信念は、かなり共感できるので
危ない…
敵美女のガゼルというおねえちゃんが 怖い怖い!
両足が義足が、めっちゃキレ味のいい刃物で、人間を脳天から真っ二つに両断する。
有能な上に美人で身体能力が素晴らしい。
演じるのはソフィア・ブテラさん。アルジェリア系フランス人のダンサー。との事

とにもかくにも
危機 また 危機の連続で
敵基地ないの絶対絶命のシーンからの
一転起死回生の一発は
映画史に残る見事さだ!
(やはりネタバレは書けない)
見た人は、「ああ あれか」とニヤニヤしてください。

素晴らしいスパイ映画でした。
さあ二作目は 劇場でみるぜええええ!!
posted by はるきゲにあ at 10:26 | TrackBack(0) | 映画感想

2018年01月14日

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

poster67x94.jpg
説明不要!
日本のロボットアニメの代表格 マジンガーZの劇場版!
46年の時を経て、スクリーンに帰ってきた!
46年って…あーた… ぴんからトリオが
「あなたーのためにー」って歌ってた時代だぜ!
古いわなー
まー あまり期待を高く添えて見なかったのだが、


始まっていきなり、グレートマジンガーが飛び出してきて びっくり!
あれあれ?マジンガーZのアニメだよね? と 考える間もなく
超ハイテンションなバトルシーン!
熱血剣鉄也!叫ぶ必殺技、砕け散り消し飛ぶ機械獣!
そしてOP!いつものOP!「そらにそびえる鉄の城ー!」
これだ!これ!きたぞきたぞ!と 怒濤の物語が幕を開ける!

もう、普通にテレビの続編!
つまり…テレビを見てない人には、なんのことやらわからん!
パイルダーオン ブレストファイヤー ジェットスクランダー ボスボロットと
専門用語が、既に知ってることとして飛び出してくる。

対象年齢は 確実に昭和生まれ それも 昭和40年代生まれでないと
キツイ設定。
てことは 40歳以下お断りの、映画! ターゲット狭!

しかし さすがの永井豪! おっぱい分は豊富ですぜ!
今回のヒロイン 長門 と 綾波を足して 
」あばしり一家風味を混ぜたような女の子が
由緒正しき全裸で おっぱいまるだしで 
光につつまれて 兜甲児(かぶとこうじ)の
腕の中へ!
物語の途中でも、突然 おっぱいぷりぷり娘が
兜甲児にぱふぱふむちむち!あっはーん!

昨日見た全編朴念仁ばかりが登場する 
虚淵のかいた怪獣映画はもっと色気を出すべき!

ボスボロットも、コミカルパートを見事にこなし、
物語はドンドンヒートアップ!
ああ 面白かったーーー!で
大団円を迎える!

しかし 一点だけ不満は…
剣鉄也を助けるべく、ビューナスAに乗り込んだ 臨月の炎ジュン
あのまま出撃して、
是非!
ロボットアニメ初の、出産バトルシーンを見せて頂きたかった!

弓さやかが「あんたなに考えてんの!自分の身体のこと考えなさい!」って怒ってたけど まーねー。
「おなかがつかえて、操縦できなかったの…」とシュンとなる、臨月奥様 かわええ…

このパターンで是非、 テレビ版デビルマンも 劇場化しろ ください!
posted by はるきゲにあ at 22:31 | TrackBack(0) | 映画感想

GODZILLA 怪獣惑星

movieimg_1336.jpg
この映画は
近未来の地球で、巨大怪獣ゴジラと人間との
心温まる交流をまどかマギカの虚淵玄のシナリオで描く
ハートフルモンスタームービー

と、いうのはウソだ!

20世紀末に、地球全土に巨大怪獣がぼこぼこ現れ
ついでに宇宙人まで来襲し、しっちゃかめっちゃかなっちゃって
移民船で宇宙に逃亡した人類が、
移民先の星が見つからないんで、
しゃあなしに、地球に帰ってきたら
ウラシマ効果で 2万年経過していた。

これはゴジラも死んでるんちゃうん と 淡い期待を抱いて
地上に降りたら、やっぱりゴジラは生きていた!

てなわけで、齢2万歳のゴジラVS生き残った人類たった4000人との
地球の主権をかけた闘いが始まる!

流石、虚淵玄、イイ設定を考える!
東宝の頭の固いお偉いさんには絶対考えつかない物語!
なにせ、ゴジラがちょっと空飛んだだけで、
才能ある監督を永久に封印するような方々だ

しかしこれはアニメ!ガンガンいこうぜ!ってことで
ゴジラの討伐の闘いが始まる。
このゴジラ、酸素爆弾程度では死んでくれそうにない
20年間宇宙を彷徨って居る間に
研究した、巨大怪獣の攻略作戦の実行!

だが、計画通りにいくわけがない!
想定外の事態が次ぎ次ぎ起きる
たった4000人しかいない人類が特攻かけるわけにもいかない
人類復興のためには、人間ものこなさいといけない!

最後までわくわくしながら見れた、怪獣映画でした…


…と、いいたいところだが…
子供が見るには怖すぎる…
あと全編にわたって、デッドオアライブの緊張感に充ち満ちて
精神的余裕がない、もうちょっと、おっぱいとかあれば良かったのにと思う。

二作目は、おっぱいがあればいいなあ…

塚口サンサン劇場のスーパーウーハーで見たので
ゴジラの咆哮が、ありえんほど怖かった!
posted by はるきゲにあ at 10:03 | TrackBack(0) | 映画感想

2018年01月12日

「ガルパン最終章」第1話

160.jpg
オタク業界に生きている限り、
みとかなアカン作品の筆頭!
ガルパン最終章 第一話を見てきた。

上映時間は たったの47分
まだまだ 話は途中なので
あれこれ 感想を書くのはひとまずおいといて

安定のおもしろさ!

劇場版のように派手に展開させるのではなく
ほどよく風呂敷を折りたたんで、
ちゃんと戦車道を楽しくみせてくれる。

学園のヨハネスブルクのあとづけ設定とかも
すんなり受け入れられるのがガルパンのいいとこである。
地下の学生っていつ勉強してんだ?
太陽光線あびなくて 大丈夫かとか
あれこれ よーけーなこと考えてはいけないのだ 俺!

最終章と銘打ってはいるが、
このシリーズが終わった後
いけしゃあしゃあと、劇場版第二作制作決定!とかCM出ても

ええんやで。
posted by はるきゲにあ at 14:01 | TrackBack(0) | アニメ感想

ブレードランナー 2049

T0021551_leafletimg_m.jpg

長げえよー!
とにもかくにも 35年間心の片隅にあった ブレードランナーの続編を
劇場でみないわけにはいかない…。
SW8作目には ハンソロも登場しないので
ブレードランナー 2049で 不足したハリソン分を補給せねばなあ…

しかし 35年経過したとはいえ、ブレードランナーだ
派手なドンパチや、わくわくハラハラなアクションとか
期待してならない。

どわーん と ずわーん と どんどんどん とテンションの低ーい BGMで
だらーんと見るのが正しいだろうな…

と おもってたらその通りだった。

レプリカントを追っかける ブレードランナー(まあ 人造人間を追っかける刑事さんみたいなもん)
その人もまた レプリカント… ストーリーは単純だがテーマは深淵…
きょうりょくわかもと の広告も強力わかもと! な 位 CGが進化している。

しかし長い… 寝てはいかんので、 ブラックコーヒーの濃いのを片手に
場合によっては、眠気覚ましのガムも準備して挑んだが
ときどき、画面をみているものの こっちの思考が完全停止することもあった。

つまらなくはないのだが、ブレラン初体験のひとがこの映画みたら
そうとうキツイと思う。

それにしてもAIのおねえちゃんと エッチするしーんはえがった!
あそこんとこ18禁映像で追加撮影してくれねえかなあ…

posted by はるきゲにあ at 13:42 | TrackBack(0) | 映画感想

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

poster67x94.jpg

すっげーーーー! 面白れえええええ!!
マジパねえ 身もだえするぐらい面白い!

SW8作目! なんかもう、いろいろ語る事ありすぎて
困るわ!マジで!

思えばこの映画、ほんとにいろいろあって、映画見る前から泣きそうなとこもある。
キャリーフィッシャーがスクリーンに登場した瞬間ウルっとなってしまった。
ともあれ娯楽映画、物語冒頭からの、Xウイングバトルアクション!
これぞスターウォーズ!ポーとハックスの漫才もキレあってよい!
THE MANZAI で予選を十分突破出来るレベル!
そして、前作のクリフハンバガー(映画の手法で気になるとこでつづくにする)
やっと見つけた我らがルークスカイウォーカー…手渡されたビームサーベルを
ぽい!と投げる、ひねくれっぴり!
ジェダイにあるまじき、人間の出来てなさに、思わずにっこり!
思えばルークは、ちゃんとジェダイの修行をしたわけではなく
たまたま、おとうちゃんの ミディクロリアン値の高いのを受け継いで
促成栽培した ジェダイだから、中途半端な悟りしかないのだよ。
まあ、それがルークの魅力でもあるのだが。
だってさあ、朴念仁の集団のジェダイだから、暗黒面にボコボコにされていったわけだから
ジェダイももっと悪いこと憶えるべき…と 常々おもっていた
正義だけでは平和は守れないのよ。
水の惑星オク=トー ” の孤島のシーンはとても面白く
前回のラストで、「こんなコンビニもない島で、ルークはなに喰って生きてるんだ?」と
思ったらその解答がちゃんとあった。
おっぱい のんでました! ルークものすげえ巨乳から出るおっぱい飲んで
魚くって、そのへんの草もたぶん食べてる。
お家は、家政婦さんみたいなのが修繕してくれるし、なんか幸せそうだ
「おれ、もうココでしぬまでいてるわ」というのも無理ない
あと、インターネット回線とアニメ番組の契約結べば
べつに宇宙の平和とかまもらんでもええわい となってしまう
引きこもりジェダイ。 このダメっぷりがルーク。
そのルークに「若きジェダイよ…」てヨーダが化けて出てくる。
そのまま、稲妻召還で、貴重なジェダイの書物を焼く!
「ヨーダなにすんねん!」
「おまえ読んだんか?!」
「いや全然!」
「読んでへんのかい!最後のジェダイが!」
という漫才も楽しめる!
とにかく、この映画面白い!
アンパンマン、みたいな女性 ローズが登場したときも
「うっわ!いいキャラ出てきた!」と大喜び!
誰よこの女優さんと 後で調べてみたら
ベトナム系アメリカ人のコメディアンさん!ええがなええがな!
おいらまた、チャイナ資本のごり押しで、中国人の女性がキャスティングされたのかと
一瞬ぞわってなったが、生粋の米カリフォルニア州サンディエゴ娘!
ポスターの扱いは小さいし、売店のSWキャラグッズでも
ぬいぐるみも作ってもらってないが(ジャージャーでさえあるのに)
俺は応援するぞ!
あかん…書きたいこと一杯だわ!
だれかSW見た人と酒でも飲みたいよ!!

これはもう一回見に行こう!


posted by はるきゲにあ at 13:21 | TrackBack(0) | 映画感想

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王

poster67x94.jpg
やべえ!
めっちゃ面白れーーー!

妖怪ウォッチ4作目!毎回あれこれ趣向を凝らして出してくる
映画版だが、とにかく今回は不安しかなかった。

なにせウィスパーが気色悪い!
ジバニャンが可愛くない!
こまさんが、愛想よくない!
鬼太郎出てくる?なんじゃそれ?

こんなん子供泣くわ! これまでの妖怪ウォッチを返せ!
奇をてらえばいいってもんじゃない!子供の求めているのを
制作して安定して作品を供給すべき!

・・・などという たわごとを 見事に吹っ飛ばすおもしろさ!

30年後の世界を舞台に、登場人物などを一新してた新たな世界が描かれる。
妖怪ウォッチは失われ、閻魔大王は幽閉され
すべての不可思議な力を失った状態で
宇宙からとんでもねえ、妖怪が侵略してくる。

それに対抗するのは、その辺におる女子学生って
なんだその、あぶねえ展開!

作品は映画を見てもらうとして
テレビシリーズを見ているお子様たちが
大喜びする仕掛けがあちこちにちりばめられ
子供に是非 見せたい作品に 見事に仕上がっている。

つーか 天野ナツメちゃん可愛い。
あだち充きゃらばりの、可愛い顔に
性格もむっちゃいい。
対する月浪トウマ君のひねくれっぷりも素敵
危ない性格を子供達にあえてみせるのはあり。

子供映画ならでわのテンポの良さと
飽きの来ない展開で、十分愉しませてもらった。
なにもかも大団円にしないところが
相棒っぽくっていいぞー。

でもこれ、続編どこで制作すんの?
posted by はるきゲにあ at 12:12 | TrackBack(0) | 映画感想

2018年01月10日

KUBO クボ 二本の弦の秘密

movieimg_1325.jpg
塚口サンサン劇場の爆音でKUBO クボ 二本の弦の秘密を
上映するので、2018年の一発目の映画でこの作品を見てきた。

とにかく素晴らしい作品なので
未見の人は是非(できれば映画館で)見て欲しい。

とにかく…ありえない映像!
人形アニメでこのクオリティはおかしい
ところどころCGを使ってても全然許すけど
本当に全部パペットでやってるとしたら
超人的な仕事量だ…。
生きているとしか思えない、人形の動きに驚嘆しまくる。

ストーリーも素晴らしい。
隻眼の少年クボが、赤ん坊のときに母と二人で大海原を逃亡するところから
物語が始まる。荒れた海原を征く小舟と波しぶきの美しさが画面に映える。
大波に呑まれ、海に投げ出された母とクボ。その衝撃で母は精神に損傷を受ける…

時は流れ、少年に成長したクボは、魔法の三味線をあやつり、
折り紙を式のごとくあやつる大道芸で収入を得、精神のあやふやな母を養う
ところが… 以下ネタバレ

クボの瞳を狙う、女二人が現れ、突然襲いかかってくる!
ここの描写がすごい!
塚口サンサン劇場の 大音響の効果もあって
腹に響く重低音立体音響スーパウーハーV8サラウンドで
大惨事が展開する。

絶体絶命の刹那、一時正気を取り戻した母が、
文字通り命を引き替えに、クボを救う…

母を失い天涯孤独になったクボ…
そこから、さらなる大冒険の旅が開始される。

なんかもう、おかあさん 
ぎりぎりで、息子の命を救うシーンとか
涙涙である。

さすが日本映画!と 言いたいとこだが
まごうこときアメリカ映画!

こんな素晴らしい映像作品を作った、
制作スタッフの途方もない努力に
敬意を表したいです。
posted by はるきゲにあ at 23:41 | TrackBack(0) | 映画感想