2014年06月24日

いあ まあ

その映画館は デートスポットを通り抜けなければ たどり着けない…。

エレベータで、カップルと同じ空間に閉じ込められる。
いちゃついてやがる…

男「なあ、林先生のものまねやってよ…」
女「いやあ…しらない」
男「林先生だよ、あれだよ」
女「いやん」
男「いえよ…」
女小声で「いつやるの いまでしょ…」
男「やろか…いまか…」
女「う…うん」

はるき「だらっしゃああああああああ!!!」 と 心の中でさけんだ!
posted by はるきゲにあ at 13:30 | TrackBack(0) | 日記

超高速参勤交代

01-main_large.jpg

面白い!
金山をねらう、幕府の悪い老中 松平信祝が 通常なら8日間を要するところを、わずか4日間で参勤交代せよと命じられる。もしも 達成できなければ、磐城国のわずか1万5000石の弱小藩である湯長谷(ゆながや)藩は
お取り潰しで、民から深く愛されている殿様は、切腹!要するに死ねということ…。
この無茶苦茶な命令は、やっと参勤交代が終わった直後に命じられる。
要するに、不可能な参勤交代を無理強いし、金山の利権を我がものにしようとする策略である。

もう、こんな設定を出してくるだけで わくわくする!

舞台の福島県いわき市から東京まで 今の時代なら 電車で ざっと 2時間ちょっと
距離にして 200qちょっとである

これを徒歩で 4日で走破しようとするなら 一日なんと 50q!
これを参勤交代で移動など、絶対不可能!
しかも、参勤交代が終わったばかりで、ほとんど金が無い!
さらに!この参勤交代を絶対に成功させてはならない、幕府の悪い老中 松平信祝が
放つ、刺客の忍者たち!

これに対抗し わずか4日で 参勤交代をやり遂げなければ 死!

ああもう すッばらしい設定である。

佐々木蔵之介が演じる 殿様がものすごくいい。
子供の頃の虐待で閉所恐怖症の神経症をもち
籠にのることができない…。便所にも扉をしめて入れない
しかし、福島の土地と民を深く愛し
近隣諸国が飢饉で苦しんでいれば、自分の藩にも金がぜんぜんないのに
なけなしの、金の援助をしてしまう。

おかげで藩の財政は、常に火の車である。

しかし「よく耕された土があり、見事な大根が育ち、そしてうまい大根の漬け物があればそれでよいではないか。海で取れる鯛は、2日目がほんとうに美味い」などと日々の満足を宣う。

もうこれだけで、涙がでそうだ!

この福島の幸せを、利権のために根こそぎ奪い蹂躙する、中央政府の幕府老中!

忍者とサムライの戦闘シーンも圧巻の迫力!
時代劇の衰退などまったく感じさせない!

2時間、ぐいぐいひっぱって愉しませ、とても映画鑑賞後の気分がすっきりと楽しく幸せな気持ちになれる。

是非見に行くべき!お薦め映画!
公開劇場の数がすくないけど
劇場にいってみてくださいーー!続きを読む
posted by はるきゲにあ at 13:11 | TrackBack(0) | 映画感想