2016年07月15日

デッドプール

poster67x94.jpg

マーベルコミックスの破天荒ヒーローを実写映画化したアクション。人体改造により人並み外れた治癒能力と不死身の体を手にした主人公が、ジョークを口にしつつ暴れまくる姿を描く作品!

どんだけ悪ふざけをするか、とてつもなく楽しみな作品だ!

夏コミの原稿、一作品が入稿したので、映画館へ走る!

日本語吹き替えしかやってないが、デッドプールは吹き替えの方がいいだろうと
躊躇無くチケット購入!

んで、映画始まると、タイトルから悪ふざけの嵐!
まともに映画を作る気がないのでは と はらはらする。

デッドプールの悪態全開 軽口軽妙 アクション痛快なシーンがどんどん出てくる。
朴念仁のコロッサスのキャラとの対比が実にいい!
コロッサスは完全CGだから 役者を雇わなくて済むし
デッドプールのライアン・レイノルズもそんなに高い役者じゃない
なので制作費は 58,00万ドルと マーベルコミックスの映画にしてはリーズナブル
「X-MENのメンバーで2人しか出ないって事は予算ないんだろ!」と
デッドプールがいっていたが、この予算で7億ドル以上の興行収入をたたき出したんだから
えらいコストパフォーマンスだ!

当然二作目が期待される。

はたして、この問題児が X-メンに入るなんてことがあるんだろうか?
気がついたら アベンジャーズのほうにはいっていたりして・・・

個人的にはジャスティスリーグに乱入して
バッドマンに「帰れ!」と 怒られて欲しい。

個人的には、デッドプールにしては、結構まともだったなあというのが印象だけど、
映画という万民にうけることを前提につくるんだったら
このくらいベタな展開の方がいい。
これで 二作目の制作は絶対だから、
次回作はさらに はっちゃけてほしい

楽しみ 楽しみ!
posted by はるきゲにあ at 17:36 | TrackBack(0) | 映画感想