2017年01月16日

ドント・ブリーズ

T0021540_leafletimg_s.jpg

怖おもしろかったー。

舞台は経済破綻したアメリカ・デトロイト。かつて自動車産業などで隆盛を極めたこの都市は
人の住まないゴーストタウン化している。
ここに一人で住む盲目の老人の家に忍び込んで、お金を盗もうとする
こそドロ三人!男2人 女一人 

大体、盲目のご老人から、お金を盗もうという根性が気に入らないが
このご老人、元軍人で屈強極まる怪人!
たちまち返り討ちにあり、一人死亡!

そのまま残り二人は、この屋敷に閉じ込められ
どきどきはらはらの脱出劇が展開する!

ストーリーが展開するにつれ、
びっくり仰天な、仕掛けがあちこちに現れ
先の読めない緊張感が張り詰め続ける!

以下ネタバレ続きを読む
posted by はるきゲにあ at 10:46 | TrackBack(0) | 映画感想

2017年01月07日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

po67x94.jpg

もしかして、俺 スターウォーズで 始めて感動したかもしれん…
【ネタバレ注意!】
物語は、スターウォーズ EP4 新たなる希望の 前段階のお話
ハイパー殺戮兵器 デススターの設計図を奪取すべく、
反乱軍のメンバーがものものすごく苦労するお話…

EP4の中では たった一行のシナリオでしかないエピソードに
こんなに凄惨で悲しい物語があったとは…

映画が始まって、いつものルーカスフィルムのマークが
スクリーンに映し出され、そして いつもの
スターウォーズのテーマが 流れるのを期待した瞬間!

まったく違う音響効果が流れ、「え?!」とびびる!
「スターウォーズじゃないんだ!」と
認識させられる。

いつものSWを見るときにある、高揚感とは別に
不安感が漂う…

物語がすすみ、ローグワンのメンバーが出そろったときに
ある事実に愕然とする…

【全員脇役!】

これはつまり、登場人物全員が、デススターの設計図を奪取するための
捨て駒という残酷きわまりないキャラの配置だと、気づいてしまう…

SWの本筋では、ルークスカイウォーカーが途中で死ぬなんてありえないし
ハンソロ、レイア C3PO も R2だって みんなストーリーの予定調和のなかで
ある意味安全は担保されて活躍する。

水戸黄門がやられないのと同じように 
ゆったり安心してスペースオペラを楽しめる!

だが! ローグワンのメンバーにはその安心安全が
最初からまーったく用意されていない!
ぶっちゃけ いつ死ぬかわからない・・
そんな中、どんどんストーリーはすすみ、
スカリフでの死闘に突入する!

まさに地獄への片道切符!
生きて戻れる作戦ではない!
文字通り命を引き替えにした、リレーで、
血みどろになって、デススターの設計図をもぎ取り
このデーターの転送で、さらに仲間達が命を散らす!

もう 気の毒で仕方がない!

終盤にかけて さらに 凄惨さは増し
必死で設計図を守ろうとする 反乱軍の兵士の前に
あの、怪物 ダースベイダーが現れる!

こんなに怖いダースベーダー始めて見たかもしれん!
兵士達の 慟哭と血と肉と命で繋いだリレーの末
やっと、設計図はレイア姫の手に渡り

一気に映画は終焉する…

まさに…死闘…

ローグワン 本当に お見事である。
花丸100点満点!


続きを読む
posted by はるきゲにあ at 19:24 | TrackBack(0) | 映画感想

2017年01月06日

劇場版 艦これ

poster67x94.jpg

劇場版 艦これ やーっと見れた!
コミケ原稿の修羅場に入った時期に公開され、
見てきた人たちから、「良かったー」の声多数!
見たい 見たいと 思いを馳せながら 見るに見れない日高川!

本日、仕事の時間を割いて 映画館に飛び込んで参りましたー

やー さすが劇場版! 迫力が違うわー!

公開終盤なので ネタバレ覚悟で書きますので
未見の方は スルーしてくださいねー

てなわけで
テレビシリーズの設定を受けて、如月轟沈のエピソードを引き継ぐ展開
艦これのファンからは、聞くに堪えないほどの、非難囂々の如月の運命を
今回の劇場版は主軸においている

さらに 描かれる作戦が、艦これイベントでも 屈指の地獄アイアンボトムサウンド!
日本全国津々浦々の提督どもの毛根を苦しめた伝説のイベントですね。
劇場の巨大スクリーンに展開する ど迫力の死闘!
艦娘たちに容赦なく降りかかる 死亡フラグの数々
このお話に 救いはあるのか?!

そして 如月の運命は!

うーむ やっぱり ネタバレは 書けないなあ…


posted by はるきゲにあ at 21:07 | TrackBack(0) | 映画感想