2014年08月24日

チャイルドプレイ3

13日の金曜日のジェイソンもそうだが
恐怖映画の主人公ってのは、
もう、どないでもして 生き返る。

このチャッキー君も、2であんだけぼろぼろになってたのに
その血が、まじった素材を使っただけで
あっさり復活!

そして、三度アンディー君を襲い掛かるために
一生懸命努力する!

人形の姿をしている、というだけで
アンディ君は ただのおっさんである。

エルム街の悪夢のフレディクルーガーのように 超能力をつかえるわけでもないし
オーメンのダミアンのように、バックに、悪魔崇拝軍団がいるわけでもない

小さな身体を動かして、身体は人形、中身はおっさん!どんな、苦労がまちうけようとも
あのアンディをとったる!

もはや、なんか、応援したくなってしまう…

で、この3作目 アンディくんも そこそこ おっさんになっている
軍隊の訓練施設にはいり、そこに アンディ君が紛れ込む!

おっさんと おっさんとの対決である…。アンディがねらうのは
黒人の子供の男の子、それに気づいたアンディ君は
仇敵チャッキーとの 組合いへし合いの大乱闘!

哀れチャッキーは 微塵のゴミとなって散華する。

アンディ3部作はこれにて終了!

1 2 3 作ともそれぞれ 趣向をこらして
アイデアもたくさんぶちこんである。
いろんな映画から設定や演出をぱくっても
許されるのが、ローバジェットエンターテイメントのいいところである。

そして チャッキー君は キャラクターとしてリッパに一人立ちをし
さらなる営業活動を展開するのだろうtua1.jpg
posted by はるきゲにあ at 10:31 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102693366

この記事へのトラックバック