2015年01月13日

寄生獣 前編

tbn_c31b760275aa3423.jpg

寄生獣である! 
まさかこの映画の実写を 見れる日が本当にやってくるとわ!

ジェームズキャメロンが T1000で 設定をパクリ!
その後、映像化の版権を買ったとかの 噂があって
もしかしたら、キャメロン映画で 寄生獣がみれるのかもと
密かに願って、どんだけ時が経過した?

ついに!永遠の0の山崎監督に白羽の矢!脚本にリーガル・ハイの古沢良太で 映画完成!

これは見ないといけません。
で、見た!

・・・ま 予想通りの出来であった。
ちゃんと面白かった。が、なにやら物足りない…。

ぶっちゃけでいうと、放映中のアニメの方がずっと面白く
ミギーの声も 平野綾の 可愛い声になれてしまっているので
阿部サダヲの声で ミギーがしゃべったときに、これじゃない感を感じてしまった。

阿部サダヲ の演技もとてもよいのだが
これはもう、先にミギーの声を こなた! と認識してしまったあとなので
どうしようもない。

神様の言うとおりの感想でも書いたけど
原作の情報量がおおい作品は、映画の脚本にまとめるのが大変である。

神様の言うとおりは「わけがわからない」が醍醐味の映画だったが
寄生獣は「わけがわからない」では完全失敗映画になってしまう。
だからわかりやすく説明し、大切な登場人物や重要なエピソードを削り
作品を仕上げなければならない。

当然 原作ファンからのバッシングは、恒例行事だ。
宇宙戦艦ヤマトの実写も 永遠の0の実写も 原作とちがうの非難は しゃあない

原作と違うと 非難が起きなかった映画は
「三丁目の夕日」だけだろう。

ともあれ、山崎監督も古沢さんも、この難しい仕事をうまくこなして
二作目に続けている。

二作目もちゃんと見るよ。劇場で!

posted by はるきゲにあ at 11:15 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111664865

この記事へのトラックバック