2016年03月08日

ガールズ&パンツァー劇場版 二回目 塚口サンサン劇場爆音上映

867.jpg

ガールズ&パンツァー劇場版 二回目の鑑賞である。
一回目は、東宝系のシネコンで鑑賞し、テレビモニターとは段違いの画像のでかさと
見事な脚本で、ものすごく楽しんで帰ってきた。

そして、本日かねてより楽しみにしていた、塚口サンサン劇場爆音上映に出かけていった。
関西に住んではいるが、塚口界隈をうろうろするのは初めてである。
バイクで何度か通り過ぎてはいるが、大概、神戸か
友人のいる六甲まで一気に走り抜けてしまうため
改めて歩くのはとても興味があった。

上映が5時からなのだが、あえて3時にJRの塚口に到着する。
そこかたテコテコ歩き、ピッコロ劇場の前を通過し
阪急塚口に到着!
塚口には、まだダイエーが生き残っている!
ダイエーはイオンの傘下になってしまい
どんどんその名前が消えてイオンに改名されてるのだが
塚口にはまだダイエーがある!
喜んでダイエーのなかにはいって、うろうろしていると
パン屋を発見!ちょうどフランスパンが焼き上がり
パキパキ音の鳴るフランスパンを一個買う!
これを、太陽サンサンマークのある広場でぼりぼり食っていると
雀が数羽やってきて、おいらの落としたパンくずを食いだす。
「すずめって、焼いた釘を肛門から突き刺して内臓を引き抜いて、こんがり焼いて頭からぼりぼり食うんだよな」とつぶやいたら、雀が、サーーーっと遠のく。
塚口の雀は、人間の言葉がわかるらしい。

パンを食い終わって
いよいよ、塚口サンサン劇場へ・・・
しかし、どこにあるかいまいちわからない。
店の人に聞いて、その場所に近づくと、あきらかに
おいらの愉快な仲間たち的な人々が群がっている。
手前の駐車場には、かっけーバイクがあるが
ナンバーを見ると奈良ナンバー その隣も奈良ナンバー そのまた隣も奈良ナンバー
「ああ、いいなあ、奈良から仲間と、ガルパンツーリングかー」と
つぶやきながら、劇場へ。
待合室には、段ボール戦車が、どおんとおいてある。
高校の文化祭みたいだ。

時間がきて、劇場へ。
こじんまりとしているが、掃除も手入れも行き届いたとてもきれいな劇場だ。
映画好きが集まる感じがとてもいい。

映画が始まる・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・爆音!・・・・
まじ、びびる!
前回、東宝系シネコンでみた時と
明らかにモノが違う!

戦車が砲弾を発射着弾するたびに、劇場の空気が振動し
人間の内臓に共鳴し、耳と頭蓋骨に衝撃が走る!
椅子が振動し!建物すべてが微振動障害を発生させ
すべての機械の、ボルトやナットを振動緩和させてしまう。
音激障害の発生でこの上映を長く続けると
建物そのものを破壊しかねない、ものすごい爆音だ!!
スゴイぞ塚口サンサン劇場!!

噂には聞いていたが、まさかこれほどの威力とわ!

一度みた映画であるはずなのに
まるで、最初に見たかのごとくの新鮮さで映画が展開する!
立川の劇場でガルパン20回見た、猛者がいるらしいが
なるほど、納得である。

これは、鑑賞ではなく、体験だ!
だから、何度も見れるのだ!

ううーむ、塚口サンサン劇場が、もうちょい、近くにあればなあ・・・
また、なにか爆音上映されたら、かならず行くぞ!!

posted by はるきゲにあ at 22:55 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174392027

この記事へのトラックバック