2016年05月19日

貞子は怖い

リングは、小説版を読んだ後
映画を見に行った。

小説と映画は全然 内容が違う。

ぶっちゃけ 映画のほうがはちゃめちゃに怖い。

しかし小説を読んでいた性で、
映画の怖さが倍増した。

なにが怖いか?
この貞子さんの呪いが、浄化不能なことである。
伽椰子は理不尽な恨みから怨霊になったが

貞子には、恨みとかの思念が無い。
もともと(強力な超能力者)だった貞子が、強姦され殺され井戸に投げ込まれた性で
そのエネルギーが、その中で熟成し成長し強力ハイパーになって、ビデオに集約された。
恨みではなく、もはや、負のエネルギーなのだ。

これが怖い!

仏教の坊主も、カソリックの悪魔払いも、霊を払うのには
霊に人格がありそれに対抗する。

仏教の除霊とキリスト教の悪魔払いは
その本質において決定的な差があるのだか
それはおいといて…

しかし、いかなる高僧とて

放射能は祈りで払えないと同じレベルで

貞子の死に誘う呪縛は、解除できない。
なぜなら、そこに心が存在しないから。

そして貞子の呪詛は増殖する。
まさにのろいのパンデミック!
払えないわ!増えるわ!
まるで、ハイパー超スーパー闇金の 金利みたいに増えまくる!

やめてええええええ!

貞子と、伽椰子 どっちが強いか?

・・・貞子さんだろうな。

あ、さん付けしてしまった。
posted by はるきゲにあ at 11:01 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175352176

この記事へのトラックバック