2016年05月20日

シビルウォー

poster67x94.jpg
マーベルのヒーロー映画は数多く、しかも一本一本が長い映画なので
見るのを躊躇している間に、公開が終わり、
前作の設定を引き次いで、また作品が構築されて
どんどん世界観がでっかくなってゆく
クーロン城の違法建築みたいな設定なので

話のこまけーとこは理解しようなどとは思わないで
もんげーアクションをだらだらと堪能してやれと
観に行った!

大満足!

マーベルヒーロー・バトルロワイヤル大乱戦!の理解で良いと思う。
なので、キャプテンアメリカとアイアンマンの双方の戦力をうまく調節いていて
戦いが拮抗しているのが、楽しい。

すべてのややこしい設定は、この大激突にある!

なんといっても、全身からただならぬ童貞臭をしているスパイダーマンを
全身から強烈な加齢臭を放つアイアンマンが勧誘をするシーンなど、
どっからみても、何も知らない若い子供を、あやしげな団体に勧誘するおっさんにしか見えず
ほほえましい。

今回のスパイダーマン、めっちゃかわいい!
粗大ゴミのオールドマックを拾ってきて、一生懸命勉強しているのがよく伝わってくる。
理数系の人間なので物理には詳しいらしく、

キャプテンアメリカとの戦いで、
「物理法則、無視すんなやーーーー!!」と叫ぶシーンは爆笑してしまった。

一方、キャプテンアメリカ側の助っ人レスラーは
アントマンである。特になんの複線もなく突然登場するのは
制作者側の「当然おまえた、アントマンは見てるよな!」という暗黙の圧力である。

見てないけどテレビのCMを見てれば、親指トムの強い感じのおっさんというのは
理解できるだろう。

てなわけで、様々な能力をもって、命のやりとりが、
めちゃめちゃしつこく長時間続く!

えーっとアベンジャーズの国連管理がどうとか言ってたけど
もうそんなことどーでもいーや!
どうせ、そんな設定あとでぐちゃぐちゃになって
無かったことになるんだから

腰据えて、ヒーローどものどつきあいを堪能しよう!

できれば大画面で!




posted by はるきゲにあ at 11:20 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175364190

この記事へのトラックバック