2016年09月03日

パプリカ

zti63.jpg

塚口サンサン劇場でリバイバル【爆音】上映してくれるので
矢も盾もたまらず、走って劇場へ!

すっげー良かった!

監督は今は亡き名監督、今敏さん、原作は筒井康隆による同名の長編SF小説。
パプリカ/千葉敦子は、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。
ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。

という、サイコスリラーもの。
この手の、脳内視覚を映像化する作品の場合、どれだけ、破天荒な夢を描けるかが
作品の出来を左右するが、

パプリカは、もう最高である!
がらくたどもの大行進!段返しで切り替わる妄想シーン!
爽快感抜群の空中シーン!などなど、見ていて、うっとりしてしまう。
そこに、塚口サンサン劇場の 重低音スーパーウーハーの爆音が加わり
さらに、観客との一体感の集団心理で、映画に心地よく酔える!

だって、名作とはいえ 10年前の作品である
一週間の限定公開で、わざわざ、映画見るためだけに、
塚口くんだりまでやってくる人たちと
一緒に映画を見れるわけだ。マジ連帯感ですよ。

さらに塚口サンサン劇場ならではの、シーン!
千葉敦子は夢幻の世界をさまよう演出で、
こじんまりとした、映画館にさまよい入るシーンがあるのだが
この映画館の観客席が、偶然 塚口サンサン劇場とそっくりな感じで
まるで合わせ鏡をみているような、トリックアートになり
マジびびった!

映画を鑑賞するのではなく
体験するという娯楽性まで高めてくれた
爆音上映でした!

映画が終わり、後ろの席の女性が…
「この才能が、もうこの世に亡いなんて…」と呟いていたのを
聞き逃しませんでしたよ…

今敏監督のご冥福をお祈り致します。
posted by はるきゲにあ at 10:01 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176727487

この記事へのトラックバック