2009年07月20日

真希波について…

makiha.GIF

分析不能…が、真希波を見たときの第一印象。映画公開前に、「次のエヴァで新キャラがでるそうだ」と
聞いたときには、まあ映画としての話題作りで新キャラを
だすのはありだよなあ。と考えていて、

キャラデザインを見たときに、教育ママみたいなめがねをかけた
優等生キャラに見えたので、このキャラデザでどういう
ポジションにもってくるんやら?と ぼんやり考えていた。

そのときは、同人誌を作る気などさらさらなく、
映画公開されたら見てもいいかなあ 程度の気持ちだった。
教育ママ的まじめキャラでは同人誌はつくれないなあと
考えていた。

映画を最初に見たのは、嵐の日だった。
ゲリラ豪雨におそわれながら、劇場に逃げ込むように入り
上映が始まった。

いきなりの昭和歌謡! なんだこれは?
こいつのどこが優等生だ? モノの見事に予想を打ち砕かれた

めがねめがね と お尻ふりふりである。

やべ! これは! むくむくと 劣情がわき上がる。

これは やるしか!
そして 同人誌作りがはじまった。

posted by はるきゲにあ at 15:02 | TrackBack(0) | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:「破」
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30681737

この記事へのトラックバック