2013年09月02日

アニメの監督ってお仕事について…

漫画 アニメをよく見る人生なので
アニメに携わる方とのおつきあいも少々ある。
けれど、実際に自分がアニメーターだったりする経験はない。

宮崎駿監督が 映画の引退をするという報道を聞いて

「そういえば、アニメの監督ってなにをするんだろう?」と

改めて思ってしまった。

実写映画の監督なら、撮影現場で、監督の椅子に座って
「よーい!スタート!」とカチンコをならす。
役者の人達に演技の注文をつけ
撮ったフィルムを編集し、音楽、効果音をつけ
作品としてまとめるって感じで、素人でもなんとなくわかる・・・

じゃ、アニメ映画の監督は?
「絵コンテを描くのかな?」と思ったこともあるけれど
監督と絵コンテが違う場合もある、
演出が違う人の場合もある、
作品毎に、監督の定義が変わるものなんだろうか?
ちょっと ググったら 演出家的なものが監督に相当するらしい。

宮崎駿監督は、シナリオも書くし 絵コンテも描くし 原画も 動画も描いてしまう。
そして世界的なヒット作を連発する スーパーマンだ。

今回、監督を引退するとなっても、シナリオは当然描けるだろうし
絵コンテだって、描ける。
現場の進行だけ、若い奴らに任せてしまえば

今よりも、宮崎作品が増える可能性だってある。
宮崎駿が、ものすごく、宮崎駿っぽくないアニメ作品を作ることも
今後は可能になるんじゃないかなあ…

監督業の引退は 引退で それはそれで 今後が楽しみだし

結局 引退って言ったのは 無しにします と いうもの大歓迎。
posted by はるきゲにあ at 18:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73927849

この記事へのトラックバック