2013年09月04日

ガッチャマンクラウズ

映画「ガッチャマン」が作品的にも興業的にも苦戦(ぶっちゃけ失敗)しているのに対し、

劇場版制作に併せて制作されたアニメ「ガッチャマンクラウズ」がとても面白い。
ほとんど前評判もなく、大きな広告展開もなく、原作小説があるわけでもない、
ガッチャマンといいながら、主演の女の子は、やたら巨乳で
ちっこいパンダがでてきて、ゴットフェニックスも出てこないので当然科学忍法火の鳥もない…

つーか、ギャラクターが出てこないよ!
ベルクカッツェも、妙に2チャンネル用語を交えた うざキャラだし
ガッチャマンの変身後の姿が、メカメカしたスーツでにガッチャマンじゃない。

なによりガッチャマンに変身しないガッチャマンもおる!

なんという、制限のない自由な作り方をしているんだ?!

巨額の制作費を投じて作られた劇場版に隠れて、
なんの制約もなく奔放に設定を作ることができたのだろうか?

とにかく、アニメのガッチャマンの方が数段面白い!
なにが、どう面白いかは、アニメを見て頂くとして、

劇場版の登場人物が、物理的に人類が攻撃を受けそれを食い止める防人であるにもかかわらず
「俺の人生に意味があるのか?」などと内向きのことを、ほざきながら、うつうつするのに対し

アニメ版は、「助けたい!自分がどうなっても、誰かを助けたい!」と走り回る。
ここの精神のベクトルが 真逆に向いているのだ。

ドッチの方が、世間の共感を得るかなど、言うまでもない。
なんで、商売としての枠のでかい 劇場版が、イカリシンジみたいなガッチャマンになっちまい
深夜枠で、テレビ放送は地域限定のネット配信の アニメ版の方が 堂々とエンターテイメントしているのか

普通、逆にならなあかんだろう? と 思ってしまう。

つか、もうガッチャマンクラウズの 劇場版作ってくださいな。

あー うつつちゃん 可愛いなあ!!

http://vod.ntv.co.jp/program/GATCHAMAN_Crowds/
posted by はるきゲにあ at 14:39 | TrackBack(0) | アニメ感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74064416

この記事へのトラックバック