2013年10月16日

ウルヴァリン サムライ

8b3.jpg

うぉおお!これぞハリウッド映画の醍醐味!
ハリウッド映画で、日本が舞台になると、あっちゃこっちゃで
「これどこの日本やねーん!」とつっこめるのが楽しみであるが
ウルヴァリンの日本も、あれこれネタの宝庫であった!

「上野発」の「新幹線」が南に向かって「時速500キロ」で疾走する!
その新幹線の屋根で、ミュータントローガンと生身のやくざが戦う!
屋根をウルビーのアダマンチウムの爪で引っかき回しても
緊急停止することなく走り続ける新幹線!

宙返りする剣道も凄いし、大量のやくざとミュータントとウルビーの乱闘!
忍者はいっぱい出てくるし、大阪のラブホテルには火星探検の部屋があるし
日本人同士でしゃべるときも、重要な部分は英語になるし
そもそも、日本語部分のテキストが、英語を自動翻訳機にかけたような
変な日本語で、それをそのまま真田広幸がしゃべるので違和感バリ盛り!

けなしているのではない!これぞ、ハリウッドベースの変なニッポンなのだ!
こんなけったいな作品なかなかお目にかかれない。

積極的に愉しんでみないと、そんしますわよ、奥様。
posted by はるきゲにあ at 12:58 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78328671

この記事へのトラックバック