2013年10月27日

陸 海  空

こないだの トレジャーで、自衛隊のコスプレがいるなあと 思ったら
本物の自衛隊の方々で、 隊員募集をされていた。

艦これの本が人気で、同人誌では一番人気だ。

そのまえはガルパンで、みな戦車道に血道をあげておった。

映画では、風立ちぬで 零戦の開発をテーマにした作品が大ヒット。

宇宙戦艦ヤマト2199も、大人気だ。

みな、そこには「戦争」がある…

オタクの世界では、ミリオタは比較的 端っこのほうにいる印象があって
時折、ミリタリーオタクの人とお話をさせてもらうと
ものすごく、深い知識であれこれと説明を開始され
こっちがうなずいていると、どんどん、その兵器の開発秘話から
どういう戦いをしたか、どんなドラマがあるか、あれこれ あれこれと
説明の大洪水がきてしまい…
こっちは、そこまで説明されても、記憶できねええええと 思いながらも
一生懸命聞いていたりするのだが

やっぱり記憶できない…

艦隊これくしょんを やっていると、 戦艦の名前や そのうんちくの
表面的なところが 学習でき、 広く 浅い 知識を 自然に得ることができる。
これは ありがたい…。

それにしても、これだけ ミリタリー関係の作品が
世の中に受け入れられるというのは
やはりここしばらく続く、日本を取り巻く重苦しい空気なんだろうなあ…と思う。

ちょっと前まで、テレビなどで本気で
「世界は平和なんだから自衛隊なんて無くてもいいんだよ!」とわめくひとが、いたものだが
最近、そんな発言をする人は消滅した。

軍隊の必要のない世界って、それはそれで 理想だが…
この人類の歴史を見る限り
絶滅するまで 軍隊は必要だろうなあ と 思う。
posted by はるきゲにあ at 13:50 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79269059

この記事へのトラックバック