2014年01月15日

ゼログラビティ

200.jpg


予告編でゼログラビティをみたときに「これはアカン」とつぶやいた・

「これは死ぬ…」単身、宇宙空間に投げ出さたら、確実に死ぬ…
映画「2001年宇宙の旅」で、宇宙空間に投げ出され
無音の世界で手足をばたばたさせながら虚空に消えていった宇宙飛行士のシーンはすっげえ怖かった。絶対だれも助けに来ない。助ける方法もない…。残りわずかな生命を、なにかに祈って終わるしかない。

このゼログラビティは、その絶対的絶望領域に投げ出される映画だ。

主演は サンドラ(オーマイガー)ブロック!
キアヌリーブス主演の名作アクション映画「スピード」で「オーマイガー」を連発していた
お姉ちゃんである!

確かにこのお姉ちゃんなら、死地からの生還には慣れたはる。
そしてもう一人、奮闘するのが ジョージクルニー!
不死身っぽい頼りになるおっさんである。

とはいえ、どんなに屈強な男でも、宇宙空間が相手では
どないもならん。
地球からの通信も途切れ、酸素も残り少なく、
地球に帰る術もない…

もうおしまいや… と おもってからが
この映画の本領発揮!

地球に生還するための大冒険が始まる。

矛盾がどうとかゆうてる場合ではない。
重力のない宇宙空間で くるくるまわる映像を
大画面でぐらぐら見せつけられ
ましてやそれが 3D映像だったりなんかしたら
まじ吐くわ!

ともあれこの映画、劇場でみないことには
魅力が激減するので
できれば劇場で3Dで見て頂きたい。

「どうやって撮影したんだ?」って
どえらい映像が全編にわたって続きます。
posted by はるきゲにあ at 13:50 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85393197

この記事へのトラックバック