2014年01月15日

大脱出

04800s.jpg

アクションスターの2大巨頭、シルベスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーが共演し、最新のセキュリティで固められた監獄から脱出を図る男たちの姿を描くサスペンスアクション。である。

今回の映画 原題は「エスケーププラン」 
直訳すると「とんずら計画」になる。
30年待った、夢の共演のタイトルが「とんずら計画」では悲しいので
「大脱出」でまあ適切だ。


シュワちゃんの、スタロンも、一方的に長いつきあいである。
おいらにとって、シュワちゃんといえば、コマンドーにターミネーター
スタロンといえば、ランボーにロッキー

20年ぐらいさかのぼって せめて40代の二人で
「コマンドー対ランボー!地球最大の決戦」とかのお祭り映画を
東映マンガ祭りでやってくれれば嬉しかったのだが
実現はしなかった。

ともあれ、30年ぐらい夢見た共演であることは間違いなく
これは劇場でみないといけないと出かけることにする。

「ありゃ、面白い!」
期待以上に面白い映画だった…。

スタロン演じる、脱獄のプロ…(監獄のセキュリティをチェックするコンサルタント)が
罠に嵌められ、脱獄絶対不可能な監獄【墓場】に収監されてしまう。
そこからシュワちゃんと組んで脱獄を図っていくのが物語り。

そうえいば、スタロンの映画経歴では、脱獄モノが結構多い

ロックアップ。勝利への脱出。たしか「交渉人」って映画も 
もともとスターローンが主演の予定だったっけ。

理不尽な状況からの脱出という点では、ランボーも似ている。
キャメロンの書いた、ランボー2のシナリオは 監獄からの脱出要素もあったらしい。

映画は本当に面白い。  最初の脱獄シーンから
ぐいぐい引っ張って、  なぜ監獄【墓場】が 絶対脱出不可能なのか
謎の人物とはどこにいるのか?

なぜ?ほにゃららら なのか? に コンコンコンと 小気味よく応え
そして アクションスターの本領発揮な、ドンパチも過剰に盛り込んで
さくさく楽しめる。

こまけえことはいいから、
二大スターの共演を存分に楽しんだ
おいらの勝利だよ。
posted by はるきゲにあ at 14:37 | TrackBack(0) | 映画感想
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85395336

この記事へのトラックバック