2013年09月04日

ガッチャマンクラウズ

映画「ガッチャマン」が作品的にも興業的にも苦戦(ぶっちゃけ失敗)しているのに対し、

劇場版制作に併せて制作されたアニメ「ガッチャマンクラウズ」がとても面白い。
ほとんど前評判もなく、大きな広告展開もなく、原作小説があるわけでもない、
ガッチャマンといいながら、主演の女の子は、やたら巨乳で
ちっこいパンダがでてきて、ゴットフェニックスも出てこないので当然科学忍法火の鳥もない…

つーか、ギャラクターが出てこないよ!
ベルクカッツェも、妙に2チャンネル用語を交えた うざキャラだし
ガッチャマンの変身後の姿が、メカメカしたスーツでにガッチャマンじゃない。

なによりガッチャマンに変身しないガッチャマンもおる!

なんという、制限のない自由な作り方をしているんだ?!

巨額の制作費を投じて作られた劇場版に隠れて、
なんの制約もなく奔放に設定を作ることができたのだろうか?

とにかく、アニメのガッチャマンの方が数段面白い!
なにが、どう面白いかは、アニメを見て頂くとして、

劇場版の登場人物が、物理的に人類が攻撃を受けそれを食い止める防人であるにもかかわらず
「俺の人生に意味があるのか?」などと内向きのことを、ほざきながら、うつうつするのに対し

アニメ版は、「助けたい!自分がどうなっても、誰かを助けたい!」と走り回る。
ここの精神のベクトルが 真逆に向いているのだ。

ドッチの方が、世間の共感を得るかなど、言うまでもない。
なんで、商売としての枠のでかい 劇場版が、イカリシンジみたいなガッチャマンになっちまい
深夜枠で、テレビ放送は地域限定のネット配信の アニメ版の方が 堂々とエンターテイメントしているのか

普通、逆にならなあかんだろう? と 思ってしまう。

つか、もうガッチャマンクラウズの 劇場版作ってくださいな。

あー うつつちゃん 可愛いなあ!!

http://vod.ntv.co.jp/program/GATCHAMAN_Crowds/
posted by はるきゲにあ at 14:39 | TrackBack(0) | アニメ感想

銀の匙

説明不要だとは思うけど
少年サンデーで連載している人気コミックのアニメ化なのです。

私はコミックスも全巻取りそろえており
ファンといっても良いでしょう。

農業高校での奮闘を描いたこの作品
日本の食糧自給について考えさせられることが多く
都会に生まれ育った私には、作品で描かれる世界は
ワンダーランドであります。

アニメは実に良くできており、毎回楽しみにみているのだが、
一点不満を申し上げたいことがあるとすれば

なんでこのアニメが、深夜アニメなんだよ!ってことのみ。

こういうアニメこそ、ゴールデンタイムに流して
これからの日本を担う子供や
食のありがたさをわかってない人達にみせるべきではないのか?と
思ってしまう。

OPから、馬のうんこを踏みつぶすシーンや
牛の出産シーンでは、牛の性器から子牛の足が飛び出ているシーンなど
最近の放送では隠蔽しがちの描写も
真正面から描いている。
そういう部分を描いているからこそ
命の大切さも伝えることができるのだと思うわけだ。

原作では TPPの問題や、少年誌では重い「離農」のテーマも扱っており
ぜひとも多くのガキ共に読ませたい作品なのである。

アニメはぜひ、再放送を NHKで 朝の食事時に流して欲しい!
もちろん、牛のうんこも ノーモザイクで!

posted by はるきゲにあ at 13:59 | TrackBack(0) | アニメ感想

2013年02月01日

宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199を視聴中

大体一日1話ペースで進んでいる。一気に見てはもったいない…。
ストーリーの細々したところはひとまず置いて…

この企画が、西〇氏が他界されたことで、
うまく動いているんだろうなあと、想像してしまう。

テレビ版、宇宙戦艦ヤマト2 以降、
その破たんっぷりに、煮え湯を飲まされてきたのは
当然、私以外にも多くいたわけだ。

実際に、アニメ映画の制作現場にいる
クリエイター達は、
「俺たちならもっとヤマトを面白く作れるのに!」と
ぐつぐつぐつぐつぐつぐつ 煮えたぎっていた人達が
あっちにも、こっちにも、どっちにも、そっちにも、
居たわけだ。

そういう人達の30年間の情熱やアイデアが
どんどん蓄積されて
「エネルギー充填120%!」「まだ充填されます!」
「このままでは爆発します!」「危険数値突破!」「西〇死亡!」
「よーし!制作開始!使用可能な全才能を開放し!一気にたたみかけろ!」
てな感じで、制作が始まったにちげえねえ!

そら面白いわ!

とにかく、いま入手できるブルーレイは全部買い込み
こないだまで劇場公開されていた話数はもうちょっと販売が先なので
しばらくまって、
次の劇場公開から、見に出かけることにしよう
posted by はるきゲにあ at 15:13 | TrackBack(0) | アニメ感想

2013年01月31日

宇宙戦艦ヤマト2199

新作の宇宙戦艦ヤマトの企画を知ったときは、
「またかよ…」って感想だった。

【新たなる旅立ち】【宇宙戦艦ヤマト2】【ヤマトよ永遠に】
【宇宙戦艦ヤマト3】【宇宙戦艦ヤマト完結編】【宇宙戦艦ヤマト復活編】

一度ならずに 二度、三度!四度!といわず
五度 六度! と

落胆させられてきたアニメを、
今回は面白いから見ろ と言われても
それはもう無理だ…。

初代ヤマトは、イスカンダルに行かなくてはならない切実な事情があった
このままでは地球が滅亡してしまう!本当に滅亡してしまう!
その危機を回避するために、途方もない距離を巨大な敵と戦いながら
たった一年で往復しなければならない生存率の極めて低いミッションである。
そこには、科学考証を飛び越えた魂がありロマンがあった。
俺たちも、いずれこの日本の為に戦わなければいけないんだという
メッセージも込められていた。

その大切な一作目のヤマトをリメイク!
だめだ!やめてくれ!もうたくさんだ!
すくなくとも俺は見ないぞ!

確かにアニメの技術は向上した。
CGのレベルも上がり、宇宙戦艦ヤマトのようなメカモノだと
当時絶対に表現できなかった、スペクタクルなシーンを作ることも可能

だが!リメイクで金を稼ごうという気持ちで作られたヤマトに
魂が籠もるはずがないのだ!
そんなまがい物!張りぼてのヤマトなぞ、もう俺は見たくない!
30年もだまされ続けて、また俺をがっかりさせるのか!
今度は信頼しろといわれ続けて30年

もう無理だ、俺は見ない!絶対みないぞ!

と、友人に熱弁を振るっていた

だが…


続きを読む
posted by はるきゲにあ at 15:12 | TrackBack(0) | アニメ感想

宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199を見ている。
すごく面白い!とても面白い!

宇宙戦艦ヤマトは、子供の頃テレビに張り付いて見ていたアニメだ。
アルプスの少女ハイジの裏番組で、視聴率的に振るわず、話が短縮されてしまった。
この二本のアニメのさらに裏には、猿の軍団という特撮番組が放送されていた。

ハードディスクの録画なんて出来ない当時の小学生は
ブラウン管の前でアニメを見て、脳裏に焼き付けるしかない。
この3本のテレビ番組をどれを見るかで、苦悩していたのであった。

ちなみに私は、アルプスの少女ハイジを見ていた…

宇宙戦艦ヤマトの人気が爆発するのは、再放送からだった。
毎日夕方6時の夕飯時に再放送されるヤマトが驚異的な視聴率をとり
小学生を熱狂させた!

そして、劇場版公開となり、その翌年「さらば宇宙戦艦ヤマト」で
ヤマトの物語は終焉する…

…はずだった!
続きを読む
posted by はるきゲにあ at 14:14 | TrackBack(0) | アニメ感想

2012年02月15日

スマイルプリキュア

SPSIRI.JPG

プリキュアも人気シリーズなので、第一話は頑張って見てみる
お子様向け作品の、わかりやすい展開と、
「おもちゃ買ってねー」のきらびやかなアイテムに
しつこい変身シーンに付き合うのが
魔法少女アニメの作法ですね。

今回のスマイルプリキュアは
主人公のみゆきちゃんの
キャラがとても良いですね。

天真爛漫つーっか 
posted by はるきゲにあ at 15:51 | TrackBack(0) | アニメ感想

2012年01月12日

宇宙戦艦ヤマトのリメイクですか…

ぶっちゃけ、ヤマトのリメイクに、
心躍るものがあんまりない。
そりゃもちろん面白いに越したことはないが、
30年間 裏切られ続けて、まだ信じろ というのもなあ…

わたしがもし、プロデューサーなら
宇宙空母ブルーノアの、後編を リニューアルします!

キャラ設定を全部やりなおして、
今風にアレンジし!
ほいで
ブルーノアが、宇宙空母になって宇宙に出るとこから開始して
間髪いれずに、ゴドム艦隊との死闘に入れる。

いまのCG技術つかって 最初からクライマックスの話が作れる設定だ!
どやこれ?!
posted by はるきゲにあ at 20:52 | TrackBack(0) | アニメ感想

2011年01月24日

ゲゲゲの女房(テレビ版)

ゲゲゲの女房のDVDをぼちぼちと見ている…。
昨年ヒットしたこの作品を多くの人はどんな風に見ていたのかは
よくわからないんだけど、

おいらが漫画家だと知っている人は、
なんとなく、「俺」を思い出して見ていた人もいたらしい

まあ、兎に角…

紙芝居の絶滅 貸本屋の衰退に関わった、現存する漫画家さんでは唯一の存在である
水木先生だ。

娯楽情報伝達メディアは、テクノロジーの進化とともに激変を繰り替えす。
昨年は、「電子書籍元年」などとマスコミで繰り返され
昨今の出版不況と併せて、紙媒体の本の衰退を伝えまくった。

町の本屋さんはどんどんと閉店し、
週刊マンガ雑誌の売り上げが下がり
駅の新聞の売り上げがさがり、
新聞各社の売り上げも世界的に下がっていっている。

かつて、電車のなかで時間をつぶすのは、マンガ、小説、新聞だったが
いまはもう、携帯をいじっている人ばかりになった。
売り上げが下がるのは当然だ…。

この状況は、本屋経営をしているひとや、その取次店や、新聞社に勤める人
新聞の販売店、駅の販売店の人にじわじわと危機感を募らせる。

電子書籍中心の時代に完全移行するなら、それも仕方ないが…
情報端末を持たねばみれないという形態はや、情報の無料コピーや
情報提供料の安さは…情報の劣化を産み、
結局、共倒れになる危険性もはらんでいる。

げげげの女房で描かれている、
「貸本屋衰退」の状況をみて
今、現在の出版界の危機感と同じにおいを感じている人は
どの程度いたのだろうか。
posted by はるきゲにあ at 15:39 | TrackBack(0) | アニメ感想

2011年01月21日

ゲゲゲの女房(テレビ版)

ゲゲゲの女房のテレビ版を、年明けから見ている…。
水木しげる先生の奥様が書かれた本をベースに
これまたうまく脚本を書いて
昨年ずいぶんと視聴率を稼いだ番組らしい。

漫画家の奮闘記ならば見ておかなくらはならないので
一日2本ぐらいのペースで見ていて、
今、奥様がご懐妊したあたりまで見せて頂いた。

(うーむ、漫画家の大先輩の伝記なので、どうしても文章が丁重になりすぎてるかな)

とにかく、紙芝居の終焉期から、貸本屋の衰滅期に仕事をしていたあたりの
貧乏描写は半端無くすげえ。
東京の雑居ビルの奥にあんなにいかがわしい貸本専門の会社があったのかどうかは
わからないが、いまでは絶滅した貸本マンガがどのようなものであったのかも
テレビを見ている人にはわからないだろうなあ…

昭和40年代にはまだ、貸本屋が、細々と生き残っていて…
それが風化するように消えていった。
小学校の頃…どこから紛れ込んだか、
一冊の貸本が部屋に転がっていたことがある。

「とあるサーカス団の新人ブランコ乗り希望女の子が、行方不明になる。
 それを探る探偵。事件をひもといてゆくうちに、探偵の助手の女の子も
 行方不明になる…このサーカス団にはなにか、秘密があるのだ。
 必ず謎を暴いて、助手のユキコちゃんを救い出す!」

と、ゆうような話しで、なかなか面白かった。

で、オチは、


続きを読む
posted by はるきゲにあ at 11:27 | TrackBack(0) | アニメ感想

2010年11月13日

百花繚乱同人誌「淫花繚乱」(発情ガールズ)内容紹介画像。

inka_t.JPG

.百花繚乱サムライガールスのエッチ同人誌、「百花繚乱」(発情ガールズ)の内容紹介画像です。ある朝目覚めたら、朝勃起していた、真田幸村ちゃん。女の子なのに、時折、股間から勃起した男根が出現してしまいます。これも武士たる因果でしょうか?ともあれ、精を放たなければ、男根が治まることがりません。ここは従者、後藤又兵衛さんの出番です。そして柳生道場で、二人の女剣士のエッチの饗宴が始まります。デコピカロリ娘の真田幸村と、ナイスバディムチムチばいーんの、又兵衛さんの、絡み合いが画面を彩ります。百花繚乱の同人誌はあまり種類がないので、アニメを見ている人も見ていない人も、どこかで見かけたら手に取ってみて頂ければ幸せです。平成22年11月13日(土)から秋葉原の同人ショップで、店頭にならんでいることでしょう。

posted by はるきゲにあ at 00:30 | TrackBack(0) | アニメ感想

2010年11月11日

百花繚乱 サムライガールス 真田幸村

yukimura_t.JPG

百花繚乱の真田幸村の立ちポーズですね。アニメの人気はどのくらいなんでしょう?私は日本の国が他国から狙われていて、それに命をかけて戦う乙女達の話とあっては、このご時世見ないわけにはいかないと、毎週眠い目こすって見ているのです。第一話はお色気でガンガン押していましたので、おっぱいやおしりや、デンジャラスな部分に「墨」が飛び散ってましたが、最近減ったですね。それよりも、平常時には知能指数低すぎの柳生十兵衛に成り代わり、狂言回し役にいる、真田幸村が主人公に見えて仕方ないのは私だけでしょうかねえ?小説を読むと、宗昭が主人公らしいですが、影の薄いこと薄いこと…。とにかく同人誌も作ることだし、アニメは最後までおつきあいしてDVDも買うことにします。DVDはおっぱい見えるんだよね?見えるんだよね?見えるんだよね?最近のアニメでは、テレビ放映時には、おっぱいを隠し。DVDではばいーんぼいーんびょろろろろーん。な、お商売が定番のようですが、金を払ってこそ見える乳というのも、それわ それで、良いものです。おっぱいのタダ見は女の子に失礼かもしれません。まあ、タダで見せてくれるならそれはそれで、うれしいという本心は隠しませんが、そういうことって、普通に生きててもあまり遭遇することはありません。なにはともあれ、幸村ちゃんは、最近のアニメでは一番感情移入出来ているキャラかもなあ、と思います。でも、やはり、又兵衛さんあっての、幸村ちゃんです。このコンビの体格差ははやりエロくてエロくて仕方有りません。

posted by はるきゲにあ at 09:18 | TrackBack(0) | アニメ感想

2010年11月09日

百花繚乱 後藤又兵衛

beetaMzi.JPG

花繚乱の又兵衛さんのM字開脚、ふんど食い込み。おっぱいばいーんなイラストです。同人誌「淫花繚乱」(発情ガールズ)の表紙用に描いたイラストです。久々に濃厚な塗り込みで、えろえろな画風に仕上げてみました。道場の板の間で外の光が強く入る背景が、又兵衛さんのむちむちばいーんな体を浮き上がらせております。ふんどしの食い込みが、性器の敏感な部分を刺激してなかなか切なげで良い感じです。これだけの体をしているわけですから、性欲も相当強いはずですが、幸村の仕える身では、殿方との色恋沙汰も自分に禁じているんでしょうねえ。もったいない話です。エッチ同人誌ではエッチなことをいっぱいしてあげましょう。それはとても良いことです。

posted by はるきゲにあ at 19:05 | TrackBack(0) | アニメ感想

2010年10月23日

百花繚乱

MATABE.JPG
posted by はるきゲにあ at 16:56 | TrackBack(0) | アニメ感想

2010年07月05日

長門4コマ

nagatotyan01.JPG
posted by はるきゲにあ at 23:47 | TrackBack(0) | アニメ感想

2010年05月20日

デュラララ!!ボクのセルティはこんなに可愛いんだよ。

drrrr1.JPG

首無し美女のセルティさんです。ジャパニメーション史上でも初の首の無い美女ヒロインですね。伝説巨人イデオンとかでも、首の無くなった美女とか居ましたけど、あちらは首が無くなったとたんに死んでしまいました(当たり前か)セルティさんは、首がなくても、ものすごく元気です。バイクの免許とか持っているのでしょうかね?そもそも、密入国っぽい感じなので無理か…つーか、そも人間じゃないし…考えれば考えるほどこんがらがってくる、魅力的なキャラクターです。
posted by はるきゲにあ at 11:38 | TrackBack(0) | アニメ感想

2010年04月22日

迷い猫オーバーラン

serizawa.GIF

原作小説を読んで、ジャンプスクエアの漫画を読んで
アニメを見た…

ツンデレ ツンデレ続きを読む
posted by はるきゲにあ at 22:04 | TrackBack(0) | アニメ感想

2008年11月08日

かんなぎ

冬コミの準備も、ぼちぼち始めないといけないこの季節
アニメもそこそこ見ていたり、見ていなかったり・・・

アニメの数が多すぎる…

かんなぎというアニメが、面白いというので
みよっかなーと思っていたが、まだ見てない。

とりあえず、本屋で買ってきて積んであるだけの
アニメ雑誌をみて、主人公の女の子らしき
眉毛のないヒロインに妙に惹き付けられたので
描いてみる。


kannagi01.GIF

posted by はるきゲにあ at 10:59 | TrackBack(0) | アニメ感想