2015年10月06日

普天間基地にいってみた。

DSCN6520.JPG
ニュースでも連日報道されている、沖縄基地問題・・。
普天間も那覇からバスでちょっといけば辿り着くので
基地の鉄柵の前までは行ってみよう。

普天間の基地といえば、反対派住民の方々がシュプレヒコールをあげ
反対のチラシを基地周りの鉄柵に張り
普天間の基地からは、下腹に響く轟音が発生し
住民の方々が、迷惑しながら日々を暮らしている・・・ というのが
ニュースから受ける印象である・・・。

現地にいくのちょっと怖いな…

と、現地に着いた・・・

基地周辺の住宅街に立つ・・・

抜けるような真っ青な晴天!
南国10月の湿気たっぷりの気温32度。
しかし・・・静かだ・・・

基地からなんの音もしない・・・(今日は基地のお休みなのかしら?)
プロな市民の方々はどこに?どこにも見えない・・・(お休みなのかしら)
基地の鉄柵に貼り付けられた、反対のビラは?見当たらない・・・(別な場所で活動されているのかしら?)
しかしよく見ると、鉄柵にガムテームの破片がいっぱいくっついている・・・
これが、チラシを貼り付けたあとなんだろうか?
DSCN6524.JPG

などと考えながら、鉄柵沿いに散策をする・・・
鉄柵の前に、小さな畑があり、日当たりも良く、食物がよく育ちそうだ・・・
轟音が聞こえてきた・・・戦闘機が一機飛び立つ
「ごおおおおおおおおおおおお」と騒音を出して、そのまま一気に遠くへ飛び立つ
再び、静かになる・・・ (この程度なら、伊丹空港周辺のほうがよほどウルサイんじゃないか?)
と考えながら歩いていると、基地に面したとこのおうちの、若奥様がお布団をほしていらっしゃる。

はるきゲにあ、若奥様につい声を掛ける。
「すいません、バス停ってこの先ですか?」と親切にバス停の位置を教えてくれる、若奥様。
32度の気温なので、ちょっと薄着の若奥様なので、もうちょっと話をしてみる。

「大阪から来たんですけど、今日は基地って静かなほうなんですか?」
若奥様の顔が、キッときつくなる。
「いまは、基地が動いてません。朝などものすごい騒音で会話も出来ません。
 ヘリの調整音の騒音がいつまでも続いてテレビも全く聞こえません。
 そのまま、飛び立って今は静かですが、夜10時ぐらいに、戻ってきて
 またものすごい騒音を出します。それはそれは凄い音です!」

・・・そうなんだ・・・

はるきゲにあはとっても静かな時間に訪れたんだ。

出来ればその轟音を経験したいのだが
夜10時まではここにいられない…

むちむちとした若奥様にお礼をいって、また基地を歩く…
途中でセミが、じゃじゃじゃーと鳴き出す。 ひどくウルサイ…

しばらくすると、一機の戦闘ヘリが飛び立つ
DSCN6563.JPG
轟音を立てながら すぐに彼方へ飛び立つ…

基地周辺には 小学校 幼稚園が隣接している
路傍の植物が、大阪とはぜんぜん違っている
いろいろ散策しながら、国道まで出て バスにのって那覇に戻る。

テレビのニュースでは、静かな状態の普天間基地は報道しない・・・
反対運動の起きていない普天間を中継しない・・・

テレビの情報だけみていると、普天間は常に大変な状態に思えてしまうが
行ってみると静かな時間も結構あるのがわかった・・・

現地にいくのは大事だなあ・・・



posted by はるきゲにあ at 10:13 | TrackBack(0) | 日記

沖縄ついていろいろ

久しぶりの沖縄だったので
あれこれ散策してまわる…

とにかく気になったのが、[錆びている]
走っている車 バイク 自転車 家の鉄柵 打ちっ放しのコンクリの外壁
全体的に腐食が目立つ・・・
さすが台風のメッカ沖縄なんだろう、塩分で街が覆い尽くされている感じ。

次に気になったのが、[猫]
ホテルの周辺を歩いていると、猫がちょろちょろ走っている
なんかすごく猫が多い気がする。

川には魚影がいっぱい見えるし、夜には安里川で釣りしている人がいっぱい居る
魚がいっぱいだから、猫もいっぱいなのかにゃ?
posted by はるきゲにあ at 09:51 | TrackBack(0) | 日記

SDF沖縄SP2015参加レポート

開催日 平成27年10月4日
 会場 水産会館5階ホール 
 〒900-0016 沖縄県那覇市前島3-25-39 
 ■ゆいレール美栄橋駅より徒歩約8分

沖縄は、まだモノレールの通っていない頃に一度ツアー旅行しただけで
以後、全く訪れた事が無かったのですね。

最近のニュースで、やたら沖縄、沖縄というので
いったいどうなってんだろう?と一度現地の空気を吸いにいきたいなあと
ぼんにゃり思っていた所・・・

沖縄で同人イベントがあるので、この参加をきっかけに沖縄訪問をしてみることにした。
ものすごく早い時期に、沖縄旅行を組んだので、飛行機のチケットとかとっても安く調達できた
この金額なら、東京→大阪ののぞみ新幹線よりも安い。

大阪→沖縄 あまり遠くないことが判明。

飛行機に乗っかって、いざ、沖縄へ1300キロ!と思ったら到着。飛んでる時間2時間もない・・飛行機すげえ!
沖縄のイベントなんで、そんなに人はこないだろうと、会場にいったら
・・・会場前にだれもいない・・・「え?」
事務員のおっチャンが顔をだして「5階だよ」という…
会場に到着すると、こじんまりとした「大会場」に30ぐらいのサークルさんが、設営をしている。

雷神会もいそいそと、設営開始…
いざ会場! 一般参加者 極めてすくない… ぱらぱら といった感じ・・・
少ないとは覚悟していたが、」まさかこれほどとわ・・・

それでも何人かの参加者は本を手に取り買ってくださいます。

なかよしのサークルさんも、参加されていたので和気藹々とお話をし
一般参加者とも、沖縄について、世間話をさせてもらう。

どちらかといえば、この世間話がしたかったのが主な目的なので
充実した時間であった。


posted by はるきゲにあ at 09:41 | TrackBack(0) | 日記

2015年09月12日

心が叫びたがってるんだ。 映画感想

main124x90.jpg

心が叫びたがってるんだ。 試写会が当たった。雨も上がったので見に行く…。

見終わり・・・・「すばらしい」 以上 感想終わり! に したいほど 良い映画。

試写会なので、現時点でまだ劇場公開されていない
劇場公開されたら、是非とも見に行って欲しい。

以下に該当する人は必見!

嫁に内緒で、いい女と浮気して、ラブホでセックスしている馬鹿旦那!

一回ぐらいの浮気を許さずに、旦那を家からたたき出すアホ嫁!

可愛い女の子が大好きな人。

最近心が、荒れてるなあ、ちょっと癒されたいなーと思っている人。

タマゴの妖精から脅迫されている人。。

物語は、あの花と同じ舞台の秩父
かつて、全世界の愉快なお友達の、涙腺を全開にした、あの花と同じ場所で
物語が展開する。美しい背景、つい聖地巡礼に訪れたくなってしまう。

主人公は成瀬 順、トラウマから言葉を封印した少女。
この少女が、可愛い!超絶可愛い!
表情も動きも、凄まじく良いのだ。
言葉を発しない分、動きで表現されたキャラクターはものすごく見る者を引きつける。

本当は、赤毛のアン並におしゃべりで、表現力豊かだった はずの 少女が
言葉を奪われ、猫背気味に少女時代を過ごさなければならないという悲劇が痛々しい。

しかし、そこがなければ、この物語そのものが成立しないわけで
怒りをこらえて、成瀬 順の魂の再生を見守る。

いかにして、自らの呪いを解き放ち、少女は言葉を取り戻すか

ああ、良い映画をみせてもらった!
制作者のみなさん、ありがとうございます。
posted by はるきゲにあ at 11:41 | TrackBack(0) | 映画感想

2015年08月31日

ミッション インポッシブル ローグ・ネイション 映画感想

poster67x94.jpg

おもしれー!おもしれー!
トムクルーズ かっけー!

ここんとこ 毎日のように映画を見ていたけど、
それらのおもしろさを全部足し算しても

ミッション インポッシブル ローグ・ネイション 1本のおもしろさのほうが、数値たけー!

めっちゃ面白かった!

もう、映画始まってから、があああああああ!ときて
どわああああ!ってきて、ぐわああああああとなって
あんぎゃらったばんじゃっじゃーー!てなるぐらい面白かった!

映画の劇場は満杯!おいらの隣には、やんちゃそうな中学生集団!
中学生どもが、アクションシーンの度に脊髄反射おこして、椅子の上でびっくんびっくん跳ね回る!

モロッコの発電所、水中シーンでは、中学生どもも一緒になって息止めたので
おいらも、つきあいで息止めて、死ぬかとおもったわ!

実際映画の中で、トムクルーズほぼ死んでたけど。

あのカーチェイスシーンも、どえれえ迫力で、車が前転して止まったときには、隣の中学生を含むオイラも
ぷっしゅうううーーと音を立てて、椅子に沈み込んだわ。

いやあ、映画ってホントにイイもんですね。

興行収入もぶっちぎりで良いようだし
シリーズ6作目の製作を計画していると報道されたし

まだまだイーサンガンバルねえ!
posted by はるきゲにあ at 16:07 | TrackBack(0) | 映画感想

ミニオンズ 映画感想

poster67x94.jpg

ミニオンズが 自分たちの仕える大悪党を捜して、地球の歴史を駆け巡るお話。
まー、脳細胞を50%位で動かして、のんびり見て楽しい映画。

実際、シリーズ前作の 怪盗グルーのミニオン危機一発 のほうが、面白かった。
こっちも面白いのだが、感情移入できるキャラクターがどこにも居ないので
他人事のように映画を見てしまう。

時間の空いたときに だらーっと見るなら最適。

時間の空いた時なんて あまりない人生を送っている人は
別な映画をみたほうがいいかも。
posted by はるきゲにあ at 15:56 | TrackBack(0) | 映画感想

2015年08月29日

バケモノの子 映画感想

poster67x94.jpg

『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』に続く細田守監督による長編オリジナル作品第4作である。
いやあ!良い作品です!

あまりごちゃごちゃ言いたくない程、イイ作品なので、
見てない人は、見るように。

とはいえ、ここで話を終わるのもなんなので もうちょいと書くと
この作品の感想を 宮崎駿監督ならどういうんだろうなあ?と思ってしまう。

ちょっと前にテレビで、鈴木Pが「あの人は若い才能全部潰すからねえ」といってたが
この作品もあれこれ難癖つけてつぶすんだろうかな?

だとしたら 老害だわな…。

posted by はるきゲにあ at 18:14 | TrackBack(0) | 映画感想

ターミネーター ジェネシス 感想

poster67x94.jpg

ターミネーターは キャメロンの制作した 2作目で、話は完全完了している。
それ以降は、すべて派生。

なので、いつも気分は7割程度の気分で見に行ってる。
タミ3は、キャメロンを模倣して、それなりに作ったコピー作品だった。
このままシリーズ化して続けようともくろんだラストだったが、
あの程度では続かなかった。

タミ4は、クリスチャンベールを主人公に、伝説のジョンコナーの大活躍を描いて
そこのまシリーズ化しようともくろんだラストだったが、
シュワちゃんの出ないターミネーターでは、観客の食いつきが悪く
やはり続かなかった…

でまあ 今回の タミ5 こと ジェネシス 新起動ではありますが
なんか猿の惑星の作り方を真似て

一作目からスタートさせまっしょい!な企画だわなあと
思ってみたら

派生シリーズの 3 4 5 の中では 一番愉しんでみることができちゃった 

この映画 一作目 二作目を よく見ているという前提で制作してある。
逆に言えば、ターミネーターシリーズ初見の人にはなんのこっちゃわからん展開になっている。

んでも、シュワちゃんは大活躍するし
サラコナ〜のおねえちゃんは、俺好みの可愛い系で巨乳だし
アクションは派手だし、飽きさせないし
アトラクションムービーとしては、豪華な仕上がり

こっちは時空が違った世界だ で 話を量産するなら
ターミネータシリーズ 何本でも作れますわね。。。

次のターミネータは どんな展開でつくるんだかなあ?
posted by はるきゲにあ at 17:11 | TrackBack(0) | 映画感想

テッド2 映画の感想

200.jpg

エロ熊嵐な映画である。日本ではアメリカのコメディ映画はヒットしないのジンクスを軽く吹っ飛ばし
フラッシュゴードンをリスペクトし、大麻コカイン脱糞を振りまいて、まさかの大ヒットを飛ばしたエロ映画の
二作目である。

映画の内容は、ひでえ内容(褒め言葉)
結婚式のシーンから、夫婦げんかに至り、どんどん話が展開し
まさかの法廷映画となってゆく。
くまのぬいぐるみが、被告人席に立つってどんな絵図らだよ!

大体こういう、かわいらしい系で下品な映画って
ヒットしたら次回作では毒気が抜けるもんだが
むしろ悪化しているのが、喜ばしい。

3作目も、一切改心することなく
ひどい映画になることを切望します。
posted by はるきゲにあ at 16:58 | TrackBack(0) | 映画感想

みんなエスパーだよ 劇場版

200.jpg

映画の試写会が当たった・・・染谷将太が主演なので、母も見に行くという。
というわけで、オカンと二人でこの映画を、肩を並べて見る羽目となった…。

会場には、試写会とあって、高齢の方々が多数参加。夏休みとあって、素朴なセーラー服の女の子もいる。
実にほほえましい。

映画が始まって、会場が凍り付いた!
いきなり、染谷将太の「うぉなにーシーン」からスタートだ!
両親の舌ぺろぺろ、せっくしゅアピールから、
おっぱいの谷間!パンチラ!ダッチワイフに集団欲情!街全体で露出プレイ!

きちがいかああああ!と叫びたくなるほどの阿鼻叫喚のエロ地獄!

これが、部屋で一人ビデオでみているならイイが、おいらの隣にはオカンがいる!
周辺には、お年寄りやら女子高生!
その眼前で、拷問の如く、猥褻エロシーンが流れまくる!

ろくな伏線も展開もないまま、だだながしに、エロシーンが流れ
染谷の「あんたもおかずにしてやるだに!」の絶叫で、敵がなんやしらんが退散!
大団円を迎え、映画公開の惨状がおさまる…。

映画終了後、なにやら疲れ果てた、観客が帰路につく

おいらは、映画のチラシを読んでいて、帰路につくのが遅れて会場をでようとすると
映画の広告担当らしき人達がしゃべっていた・・・
「ほんと、ひでえ映画だなこれ」
「園子温正気かよ」

おまえらがゆーなよ…

ちなみにオイラ、こういう映画は  大好きである!
posted by はるきゲにあ at 16:50 | TrackBack(0) | 映画感想