2016年05月17日

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス

200.jpg

映画館でチケットを買う!
おねえさん必要以上の声で

「はーい!変態仮面 アブノーマルクライシス!一名様ですね!」

変態!と アブノーマルの声がひときわ高い!
周囲のお客さんの視線が一斉に、オイラに集まる!
恥ずかしい…だが、これはこれで…。

ともあれ、変態仮面の二作目である!
原作付き映画は、クソだと脳内かたまちゃってる連中には
是非見て頂きたい!

映画にはオリジナリティが大事だ!どこかでみたようなシーンの集合体のような作品には意味がない
などと、したり顔で評論する方々には見て頂きたい!

変態には何を言っても無駄である!

初っぱなから、どっかで見たことあるよーな コミックスがぱらぱらとスクリーンに展開し
前作のあらすじを、つったかたー!と流してしまう。

そして始まる物語!
主人公 色丞狂介/変態仮面は 大学生になっている。
オープニングでこのヒーローは 正体を隠して ピザ屋のバイトにいそしんでいる…
んんん そういえば どこぞの蜘蛛男も…ピザ屋でバイト・・・まあいいやそんなこと!

そして遭遇する強盗事件!バイトそっちのけで、変態仮面に大変身!
とまあ、こんな感じで、全編に、パロディとお笑いを盛り込んで
ラストシーンまで突っ走る!

とにもかくにも 鈴木亮平である!
この人がいなかったら 変態仮面は絶対に実写化なんてありえなった!

あのひたむきさ、あの筋肉美、あの変態っぷり!
役に応じて、縦横無尽に演じきる力量が凄い!

TOKYO TRIBEのときの悪役から天皇の料理番のときの病弱な役の振幅がすごい!
ロバートデニーロかと言いたいとこだが
あまり無茶はしないでほしい。

あと大金玉男 を演じる ムロツヨシのセンスが素晴らしい。
柳楽 優弥を 改造人間に誘うシーンなど
これ脚本どうなんってんだ?ってゆうぐらい
天才的ぐちゃぐちゃっぷりである。

あんな重要なシーンで、あれするか普通?!

とにもかくにも、お金払った分は存分に笑わせてもらったので
満足 満足

さて、
続きを読む
posted by はるきゲにあ at 11:01 | TrackBack(0) | 映画感想

2016年05月12日

ズートピア

posz94.jpg

テラフォーマーズを見て、一息ついてからまた、映画館に出かける。
以前から見たかったズートピアを見た。
こちらの評判は極めて高い!

見た!良かった!

ズートピアなら、どなたにも自信をもっておすすめできる良い映画!
映画館には子供が一杯!
とてもいい雰囲気!

見ていない人は、今すぐでも最寄りの映画館で見るべし!
ズートピアはとても大切なことがたくさん詰まっている。

とにかく 可愛い!夢を信じる新米ウサギ警察官ジュディ・ホップス!
所作の一つ一つがなんでもうあんなに可愛く映像化されてるんだ。
あれは惚れる子供一杯でるだろうなあ。

獣愛に幼いうちから目覚めさせられて
獣系同人誌に群がる読者になってしまえ!

あとストーリーの見事さ!
実に細かい部分の些細な描写が
あとの伏線にきっちり生かされていて
驚嘆する。

いったい 何度脚本を書き直したんだろう?

いやあ。本当に良い作品を見せていただきた!
制作者のみなさんに感謝 感謝!

posted by はるきゲにあ at 20:05 | TrackBack(0) | 映画感想

テラフォーマーズ 映画版

poster67x94.jpg

映画を見る前から、ものすごい酷評がネットに流れていて、映画見てもいない人たちまで
「テラフォーマーズってヒドイらしいね」みたいな事をいけしゃあしゃあと語っている。

んな、わきゃない!そんなことはあり得ない!
だって!
脚本が、グレンラガン キルラキル の 中村かずきさんである。
監督が、我が高校の先輩、三池崇史監督である。
この二人がタッグを組んで
映画として成り立っていないなんてことは絶対にない!
確かめねば!
と、映画館まで走る!

映画を見る!「あれれ、おもしろいぞ?!」
酷評している人は、なにが気に入らないんだ?

設定は「バグズ2号編」をベースに設定を映画用に構成しなおしてある。
原作通りにやったら、それこそ盛りだくさん過ぎて 時間が足りなくなるわけだ。

OPの「ぶれーどらん・・・な」ゲフンッゲフン!
近未来の東京から、一気に火星に到着
そこで遭遇ずる、人型ゴキブリ テラフォーマーと
昆虫のDNAを埋め込んだ人間との、蝶蝶ハッチの肉弾戦が描かれる。

原作にあるこまけー事はなるべく廃し、
力任せに、ぐいぐい引っ張る。

この引っ張り方は、ついて行けない人は置いてゆかれる
原作ファンは、原作との相違点に気をそがれて脱落する。
原作付き作品の映画化は「クソだ」という固定観念で頭が固まっちゃってるひとは
最初から、どうやってけなしてやろうと、あら探しをしながら見る。

しかし、この俺様は、「映画は楽しむモノ!」として
大いに楽しむ!
原作と全然違う、本多晃 を演じる- 小栗旬の怪演技!
ちょっと前の映画で、生徒をぶっ殺しまくってた、伊藤英明!
ケインコスギのアクションもかっこいい!
文字通り津波のごとく襲いかかってくる、ゴキブリを
突破するときの、滝藤賢一の抱腹絶倒な特殊能力!

ゴキブリにやられて、ドンドン減ってゆく同士達!
火星地獄巡りの終着点はどこだーー?!

という感じで、すっげー堪能した!

あれあれ? けなしている人は、どこを、どう けなしているのか?
ちょっと検索して、読んでこようっと。



・・・読んできた!

もうすがすがしいほどの、賛否両論プリ!
「くそくだらねえ!時間の無駄!」から
「これぞバカB級映画の面目躍如!おもしろかったー」という感じで
評価が真っ二つ!

実に楽しい!

要するに、
三池&中村の起こした、巨大なビックウエーブの波に
うまく乗っかって、アトラクションを楽しめた人は大喜び!

波に乗れずに、こぼれおちちゃった人は
作品につばをはいているという感じか。

さすが三池映画、見る人を選ぶなあ・・・・

この映画は人に勧めるのやめておこうっと
楽しめない感性の人にうっかり勧めたら
一生陰口叩かれる羽目になるわさ。



posted by はるきゲにあ at 15:23 | TrackBack(0) | 映画感想

2016年03月26日

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

possp4.jpg
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
batman vs superman dawn of justice

ずっと見たかった映画なので、上映開始にあっという間に見に行った!
上映時間 165分!一気に見てしまう!全く退屈なし!すっげー!面白い!

監督はザック・スナイダーである。300 〈スリーハンドレッド〉の監督さんである。
ケレン味たっぷりの豪快な映像演出を得意技とする監督さんだ。
前作、マン・オブ・スティールで、スーパーマンを復活させヒットさせちゃった実績で
今回のバットマン対スーパーマンの二大看板の激突である!

日本特撮でいうなら、コジラVSガメラ! ありえない戦いの火蓋が切って落とされる!
コウモリ男VS神レベルの強さを持つスーパーマン
果たしてどっちが勝つのか!

スーパーマンは、単身で空を飛び、恒星間飛行を行い、どんな弾丸も跳ね返し、原爆水爆中性子爆弾でも叶わない、超人中の超人!
対するバッドマンは、コウモリのカッコした普通の中年おやじ!

強さは ゴジラVSガメラ どころか、 ゴジラVS夜店で買ってきたミドリガメ
いや、ゴジラVSミジンコ それよりも、天文学的戦力差だ。

これが戦う!
予告では、スーパーマンが、アナキン・スカイウォーカーのようにダークサイドに落ち
人類に対して宣戦布告!全人類の軍備兵器をもってしても、スーパーマンにはかなわない!
そこで、人類最後の希望として立ち上がった、バッドマンが単身でスーパーマンに戦いを挑む!
激突する両者!それを、公園の木の影で、おどおどして見ている、ワンダーウーマン!
「やめて、私の為に戦わないで!」
この戦いで人類の運命が決まる! かみんぐすーん!

と ゆーよーな 予告であった!

だが!
以下 ネタバレ・・・続きを読む
posted by はるきゲにあ at 10:32 | TrackBack(0) | 日記

2016年03月08日

ガールズ&パンツァー劇場版 二回目 塚口サンサン劇場爆音上映

867.jpg

ガールズ&パンツァー劇場版 二回目の鑑賞である。
一回目は、東宝系のシネコンで鑑賞し、テレビモニターとは段違いの画像のでかさと
見事な脚本で、ものすごく楽しんで帰ってきた。

そして、本日かねてより楽しみにしていた、塚口サンサン劇場爆音上映に出かけていった。
関西に住んではいるが、塚口界隈をうろうろするのは初めてである。
バイクで何度か通り過ぎてはいるが、大概、神戸か
友人のいる六甲まで一気に走り抜けてしまうため
改めて歩くのはとても興味があった。

上映が5時からなのだが、あえて3時にJRの塚口に到着する。
そこかたテコテコ歩き、ピッコロ劇場の前を通過し
阪急塚口に到着!
塚口には、まだダイエーが生き残っている!
ダイエーはイオンの傘下になってしまい
どんどんその名前が消えてイオンに改名されてるのだが
塚口にはまだダイエーがある!
喜んでダイエーのなかにはいって、うろうろしていると
パン屋を発見!ちょうどフランスパンが焼き上がり
パキパキ音の鳴るフランスパンを一個買う!
これを、太陽サンサンマークのある広場でぼりぼり食っていると
雀が数羽やってきて、おいらの落としたパンくずを食いだす。
「すずめって、焼いた釘を肛門から突き刺して内臓を引き抜いて、こんがり焼いて頭からぼりぼり食うんだよな」とつぶやいたら、雀が、サーーーっと遠のく。
塚口の雀は、人間の言葉がわかるらしい。

パンを食い終わって
いよいよ、塚口サンサン劇場へ・・・
しかし、どこにあるかいまいちわからない。
店の人に聞いて、その場所に近づくと、あきらかに
おいらの愉快な仲間たち的な人々が群がっている。
手前の駐車場には、かっけーバイクがあるが
ナンバーを見ると奈良ナンバー その隣も奈良ナンバー そのまた隣も奈良ナンバー
「ああ、いいなあ、奈良から仲間と、ガルパンツーリングかー」と
つぶやきながら、劇場へ。
待合室には、段ボール戦車が、どおんとおいてある。
高校の文化祭みたいだ。

時間がきて、劇場へ。
こじんまりとしているが、掃除も手入れも行き届いたとてもきれいな劇場だ。
映画好きが集まる感じがとてもいい。

映画が始まる・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・爆音!・・・・
まじ、びびる!
前回、東宝系シネコンでみた時と
明らかにモノが違う!

戦車が砲弾を発射着弾するたびに、劇場の空気が振動し
人間の内臓に共鳴し、耳と頭蓋骨に衝撃が走る!
椅子が振動し!建物すべてが微振動障害を発生させ
すべての機械の、ボルトやナットを振動緩和させてしまう。
音激障害の発生でこの上映を長く続けると
建物そのものを破壊しかねない、ものすごい爆音だ!!
スゴイぞ塚口サンサン劇場!!

噂には聞いていたが、まさかこれほどの威力とわ!

一度みた映画であるはずなのに
まるで、最初に見たかのごとくの新鮮さで映画が展開する!
立川の劇場でガルパン20回見た、猛者がいるらしいが
なるほど、納得である。

これは、鑑賞ではなく、体験だ!
だから、何度も見れるのだ!

ううーむ、塚口サンサン劇場が、もうちょい、近くにあればなあ・・・
また、なにか爆音上映されたら、かならず行くぞ!!

posted by はるきゲにあ at 22:55 | TrackBack(0) | 日記

2016年03月04日

エヴェレスト 神々の山嶺

main124x90.jpg
試写会で見て参りました。
前評判も高く、主演しているのが、
阿部寛と岡田准一という
日本映画屈指のドル箱俳優の共演だけに
試写会場は満員御礼で立ち見もでるほどの盛況ぶり!
映画開始前から会場内は熱気むんむんでした。

感想を書く前に、これを先に言っておかなければ
なりませぬ。

当方、夢枕さんの原作小説も
谷口ジロー先生の漫画版も読んでおりません。

映画が一番最初なので、そこんとこよろしく。

で、映画を見る前から覚悟していたことだけども
小説の原作本二冊分の分厚い情報量を
2時間ちょいのシナリオに押し込めた場合
どうしたってひずみが出てきてしまう。

原作未見の私にも、「ん?ここどうなってんの?」という疑問愚問が にょきにょき出てきてしまった。
たぶんそれは、原作を読めば、解消する疑問なのだろうけど
映画のみ見た場合、どうしても ???? が出てきてしまう。

まあ それは些末なこと、
とにかく山登りのシーンが
えらいことです。

絵を描いている人間にはそれなりに消失点というのを意識して画面をみていたりしますが
この映画 ありえないところに 消失点があります。

まあ なんか あったら、即死する消失点と申しましょうか
画面みてたら、金玉きゅううううう となるシーンが満載です。

映画見る人は事前に膀胱のおしっこを絞り出してから見るようにしましょう

さてー。とりあえず、谷口先生の 漫画版を買ってくることにするか
小説分厚すぎて 時間かかりそうですもの
posted by はるきゲにあ at 22:19 | TrackBack(0) | 映画感想

ヘイトフル・エイト

07675s.jpg


タランティーノの映画は見なければなりません。
たとえ、どんな酷くて非道くて鬼畜で外道な作品でも
みなくてはなりません。

それが、心のマブダチのタランテーノに対する愛というモノです。

で、まあみてきたわけです。

感想は、一言で表現すると酷くて非道くて鬼畜で外道な作品です!(ほめ言葉)きっぱり!
黒澤明監督が「どん底」という映画を撮りましたが
ヘイトフル・エイトは、どん底の底が抜けて、地獄が見えている映画です。

出てくるやつ、どいつもこいつも、悪い悪い!
相当悪役のカート・ラッセルが善人に見えなくもないぐらい、皆悪い!
この極悪で癖のある連中が、猛吹雪で閉ざされた山小屋の中に居合わすわけだから
もう大変である。
いつなんどき なにが 起きるかわからない。

そして 何か起こるときは、心してみなければならない
グロキモヒデェ残虐シーンが展開する。

これにより、見る人を選ぶ作品になっていることは事実だ。
人によっては、あまりの残酷酸鼻きわまる展開に辟易して
「駄作!」のレッテルを貼ってくださることだろう。

望むところだ、タランティーノ
楽しむやつだけ、楽しもうぜ、アミーゴ!

これはブルーレイ即買い決定!
posted by はるきゲにあ at 21:58 | TrackBack(0) | 映画感想

2016年02月20日

オデッセイ

ode94.jpg
リドリースコット監督の映画は、取り敢えず見ておかなければならない。
しかも主演がマット・デイモンなら、なおさらである。

で、映画館にひょいひょい観に行った。
いろいろあってマッドディモンが、火星ひとりぼっちになってしまい
絶望的な状態から、地球にイカに生還するか否かを描いた作品!

艱難辛苦を乗り越えて、はるばる来たぜ、マーズアタック!
火星ジャガイモこさえて、火星はオイラの植民地ダー!
どっかーん!
芋凍る!
喰いモンあらへん
浦安鉄筋家族の、遭難春巻状態!
で、
地球から、生きるための、ベントーのっけて 打ち上げたら
成層圏手前で
ちゅどーん!
はい、絶望!

ここまでは、はるきゲにあとても愉しんで映画を鑑賞していた。
ここから起死回生の助け船が現れるんだ!
それは、神か仏かスーパーマンか、
はたまた、アンパンマンか橋下環奈か!
いろいろ 予想していたら
まさかの!

以下ネタバレ
つーか ここまでも かなりネタバレしたけど、
続きを読む
posted by はるきゲにあ at 14:03 | TrackBack(0) | 映画感想

2016年01月09日

スターウォーズ EP7 フォースの覚醒

phfx94.jpg

おもしれえええ!!

SF映画の金字塔、スターウォーズの続編が見れる! 
これだけでも感涙ものなのだが
それが面白い作品に仕上がっているのがなによりも嬉しい!

ビバ!JJエイブラハムスである!

痒いところに手が届く!こーゆースターウォーズが見たかった!
お帰りハンソロ チューバッカ! おおレイア姫が 良い具合にかわいいおばあちゃんに!
パチモンダースベイダーのレンちゃんが、自分の思い通りにならないと、そこらへんのもの破壊して暴れるのも
童貞ぽくっていいぞお!
ハンソロ!また あんたは借金かい!
C3PO そこ のけ のかんか いい加減「場の空気読む回路」をつけなさい!

ああ いいわー ファントムメナスから17年! ジェダイの復讐(帰還)から実に 33年!
やっと!やっと!やーっっっと、見たかったスターウォーズが見れたよ!

ああもう!JJエイブラハムス!
こんどあったら、抱きしめてほっぺにちゅーしてあげるから
覚悟しろ!


以降ネタバレ!

続きを読む
posted by はるきゲにあ at 17:38 | TrackBack(0) | 日記

007 スペクター

spku94.jpg

ダニエルグレイク版ジェームズボンド4作目にして、グレイク版最終話!

4作目にして、やっと007の通常運転!OPの見返り射撃でばきゅーん!で始まる!
始まってから数分メキシコシティで催されている「死者の日」を部隊にした暗殺劇からス
トーリーは ローマ ロンドン と舞台を切り替え 一切だれることなく展開する!
どきどきわくわくはらはら えろえろの連続で、全く飽きさせない!

とにかく今回の作品は、グレイク版最終とあって、これまでの集大成的な演習があちこちに
ちりばめられていてとても嬉しい。

今回もボンドカーはその秘めた能力を100%発揮しないままスクラップになり
ボンドは上司の命令はあまり聞かないし、
そこで酒のんじゃだめーーー ってとこで お酒をラッパ飲み!
まだ、暗殺者いるかもしれねえってとこでお姉ちゃんと乳繰りあい!
敵は容赦なくばんばん殺し、建物は盛大にふっとび

ああ気持ちが良い!

そして物語は、一応の大団円へ!
とても面白い作品でした。

グレイクさんご苦労様。

つぎはドラゴンタトゥの女の続編をお願いします。

・・・それにしても次のジェームズボンドは誰が演じるんだろう???
posted by はるきゲにあ at 17:05 | TrackBack(0) | 日記