2014年09月19日

猿の惑星 新世紀(ライジング) SUB DAWN OF THE PLANET OF APES

94.jpg

シーザー 大変やなあ… 

猿の惑星 8作目ですね。
リブート版では二作目!
前回のトラウマ・エンドロール 猿インフルエンザが世界中を席巻したところから始まる
なんと人類は500分の1まで減少する。いま ざっと 70億人として500で割ると、えーと
1400万人! 

なんだ 結構、生きてんじゃん!

復活の日は 80人ぐらいまで減少したわけだから
猿インフルエンザもうちょっとがんばろうな!

それよりも、「各地の原子力発電所がメルトダウンを起こしてます」というのが
聞き捨てならない! たしかにここまで人類が減少すると 原発のメンテが出来ないのだから
あっちこっちでメルトダウンするわな!
福島原発が世界規模でおきるわけじゃ!
2010年時点で
29国の合計で出力 365,725 MW(e)、基数 431基 になるそうなので
これらがポンポン、メルトダウンしたら 猿の惑星どころの話ではなくなるのではないのけ?

ま それはおいといて…

とにかく シーザーが大変です。
多くの猿を率い、集落を作り 嫁さんをもらい、息子を育て 嫁さんに2人目ができ
部下のなかには 邪悪なやつも混じっている
奥さんの産後の肥立ちが悪く、命の危険もある のっぴきならねえ 状況

ああ 見てるだけで つらいわ…

そこに生き残った人間が現れる

シーザーの集落は 水力発電所近くにできており
人間共は、この水力発電所を復活させたい。
しかし猿はこの領地に人間を招き入れることままならなぬ!

うわー 猿の時代にはいっても エネルギー問題かよお!

水力発電の電力がなければ、人間共は文明を保てない…
猿が協力を拒否すれば戦争になる。
人間が電力を手にすれば大きな力を得ることになり
忌むべき猿を抹殺するかもしれない
どうする 猿リーダーの シーザー

以下ネタバレ
続きを読む
posted by はるきゲにあ at 15:31 | TrackBack(0) | 映画感想

2014年09月18日

るろうに剣心 伝説の最期編

poste7x94.jpg

映画館に走る! るろうに剣心 3部作 完結編である。
このシリーズを ちゃんと映画館で お金を払ってみたことを 褒めてあげたい。

もう 大迫力の映像に 全編クライマックスな ノンストップの展開
美味しいトコを もっていく 福山雅治! 龍馬伝のときの主役つながりかな
きわものキャラの重責を一身に背負い よく演技した滝藤賢一
それにしても なんといっても 藤原竜也の演技が素晴らしい

志々雄真実なんて 顔ぜんぜん見えないのに
凄まじい狂気を演じている。
あれが出来るのは 今の日本映画界では 藤原竜也だけではないのかと おもうぐらい すごい

そして 緋村剣心 - 佐藤健の魅力…。
今回も一層際立ってたなあ

ああ 面白い映画だった!

以下ネタバレ

続きを読む
posted by はるきゲにあ at 23:40 | TrackBack(0) | 映画感想

泣き に ついてのこと…

映画で 2つの 泣きを見た

一つは ガーディアンオブギャラクシーの OPの 母と死別のシーンの泣き…
抑えに 抑えて お母さんがこときれた瞬間 「うわあ!」と驚愕したような泣き…
そのあと、病室の片隅で 必死で泣きをこらえている男の子

もう一つは るろうに剣心 京都大火編で
警察官の兄を惨殺され、私刑で惨殺され、木に首をくくってつるされた両親を 見た 少年の
絶叫泣きシーン…

ガーディアンオブギャラクシーのほうは、うわあ と こちらももらい泣き状態だったのだが
るろうに剣心のほうは、「なくな!」という気持ちのほうが先に立った

なぜか? ガーディアンオブギャラクシーのほうは 病室で お母さんは自分の死を受け止めて
子供に最後の別れを告げようとしていた。子供はおかあさんの手を握ることができなくて
驚愕と後悔と哀しみで 吠えたのだ…だが…そこに身の危険はない…

るろうに剣心は、お兄さんがコロされ 両親が惨殺された。そこにはまだ、殺人を行った者どもが
多く潜んでいる…そんな危険な場所で、地面にはいつくばって「かあちゃん!とうちゃん!うああああああ」と泣いている場合ではない!
今は泣くな!殺されるぞ! と いう場面である。

にも関わらず 子供は餓鬼のの如くに わーわーと泣きの演技をする。
(ほーら、おとうさんとおかあさんが殺されたかわいそうな子供が画面にうつってますよー
 観客のみなさん。悲惨でしょ?悲惨でショー?じゃああなたも悲しんで、もらい泣きしなさいねえー)

いいえ、ここは泣いてはいけません。
敵の攻撃に備えるシーンです。
posted by はるきゲにあ at 13:19 | TrackBack(0) | 日記

2014年09月17日

TOKYO TRIBE


poster67x94.jpg
本日映画 3本目ー
まあ 3本ぐらいなら どうということはない。

とにかく 清野菜名ちゅわんがかわいいのなんのってもう
パンチラ パンチラ おっぱいもみせてくれてもうね
19歳っすよ 19歳 アクションもすげえし
ちいさめのおっぱいの 薄い色の乳首がね ちくびがねえ

竹内力は 相変わらずだし
中川祥子 しょこたんも 短い足をふりまわして アクション的な動きをするし
叶美香は ちんちんを もんでくれるし
窪塚洋介は 変態だし
窪塚洋介は 変態だし
窪塚洋介は ヘンタイだし!

主演の ヘンタイ仮面は ちんぽ ちんぽ うるさいし

なにより映画全編 ラップでしゃべって うっとうしい
なにしゃべってんだかわからないので 字幕が出てくるし

もう 見る人はみたらしいし
見ない人はみなくてもいい

園子温の ヘンタイ性が 大爆発している感じ

おいらは OKよ
posted by はるきゲにあ at 23:28 | TrackBack(0) | 映画感想

るろうに剣心 京都大火編

05450s.jpg

本日映画2本目をみてしまえと劇場に走る。

るろうに剣心は一作目が マジおもろかったので
二作目も是非 劇場でみたいとおもってたら
もう3作目が公開されている…。

しまったなあ と おもってたら 二作目も公開しているので
いそいで劇場にとびこんだ。

ルパン三世を見たおかげで、
どんな映画をみても 面白く感じる…!
無駄のないセリフ キレのあるアクション 登場人物の丹念な描写
そういう映画として当たり前の事が こんなにも 良いモノだと
気づかせてくれた ルパン三世は あるいみエライ!

それにしても チャンバラ映画のど迫力である。
佐藤健の身体能力は一体どうなってんだ?
地走りの素早さ、殺陣の見事さ、殺陣のなかに 当て身 蹴り 投げ などが いりまじって
総合格闘技みたいな見事なアクションだ。

あとは藤原竜也の狂気に満ちた演技!ほんと すばらしいな!

映画は後半に続くため、ラストは中途半端で終わるが
この出来なら 完結編が興業でこけることはないだろう
なんか既に かなりの観客動員数動かしているらしいし

うーん そうだなあ るろうに剣心の監督さんが
ルパン三世とったら どんなふうになるんだろうなあ?
posted by はるきゲにあ at 23:03 | TrackBack(0) | 映画感想

フライトゲーム

05545s.jpg

おもしれーー! おもしれ! おもしれ! おもしれーー!
面白いとしか書けないくらい面白い!

リーアムニーソンである。シンドラーでダークマンなクワイガンジンで96時間なおっさんである。
飛行機映画にハズレ無し…
(いやまあ デンゼルワシントンの「フライト」とかもあるけどな。)

とにかく、航空保安官である。犯人からの要求は 「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺害する。」とのことである…

だれが 犯人かさっぱりわからないのである。
何人も あやしい奴がいるけど まじで だれが犯人かぜんぜんわからないのである。
だけど飛行機なので 絶対この中に犯人はいるのだ…

でも ぜんぜんわからない!
そして、殺人が実行されてゆくのだが
これがまたびっくり!


続きを読む
posted by はるきゲにあ at 13:03 | TrackBack(0) | 映画感想

ルパン三世 実写版

05540s.jpg

ルパン三世の実写版である。

ルパンの実写といえば、念力珍作戦だが、この映画絶望的につまらない作品で
そもそも、ルパン役の目黒祐樹が ルパン三世にまったく似ていないし似せようともしていない
中学の頃深夜放送されているのを見たのだが、あまりのつまらなさに寝てしまい
それ以降見る機会がない…

で、まあ 今回の実写新作である。

どうあれ、見ないことには批評も出来ないので
映画館へ自転車を漕ぐわたし…

劇場の人の入りは 平日にしてはまずまず…
全体的に アベック多し!リア獣どもめ。
隣の席に 男子中学生の悪ガキどもが 4匹すわる
こやつらがどういう反応を見せるかも
漫画家的には取材対象だ。

さて、映画が始まる…
オリンピックのメダルをねらい ふーじこちゃんを含む悪党が跳梁跋扈する。
それらを 出し抜き ルパンが見事 お宝をゲット
颯爽と立ち去る…

うーむ。まあ。OK!

だかこの後から。だらだらだらだら! おっさんのはなしやら
なにやら かんやら だらだらだらだら!
北村龍平はアクション得意監督なんだから
もっと軽快に作品をすすめろよ…
だらだらだらだら!

案の定 隣の中学生共が 暴れ始める
椅子を蹴飛ばし 身もだえし、 ポップコーンの投げ合いを始める
係員が飛んできて、止めさせるが
映画が面白くないので
ぜんぜん集中してない。

アクションシーンをだせよお!と おもっていると
ルパン三世お得意の カーチェイスのシーンだ!

まってました!北村龍平なら アクションシーンはうまくやるぞ!
迫力のカーアクション!よしよし これだけでも 映画代だした価値はある
小型車ファイアットにのるルパン達を 押しつぶすような大型車HAMMER
そのまえに 立ちはだかる 斬鉄剣を携えた石川五右衛門!
きたー! 斬鉄剣一閃! 大型車を切りつける!
「きぃん!」「またつまらんものきったか」と決め台詞!
そして 静止! 次の瞬間・・・・

大型車が 真っ二つに …  ならない ならない ならない … え?

ならない? 斬鉄剣で切ったのに なんでーーーーーーー!

おいらはここで、映画を見る気が かなり萎えてしまったよ

あそこは、誰もが 大型車が真っ二つ そのあと すべてのタイヤが外れて ころころ転がったあと
サイコロのように分解され
大型車の外装が外れて 転がり
なおかつ 運転している人間の 服が 四散し
パンツ一丁で逃げ出す 運転手の 頭の毛が すべて 散って はげちゃびんになる

そこまで やっての 斬鉄剣だろうがあ!

その後 劇場内では 中学生が再び暴れ出し
後ろのカップルは痴話げんかを始めるわ
犬は吠えるわ 猫は出産するわで
大変な騒ぎ!

映画のストーリー?
あんまり覚えてないなあ…
posted by はるきゲにあ at 12:47 | TrackBack(0) | 映画感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

05576s.jpg

宇宙ラスカルである。

ラスカルが宇宙で大暴れするのである。
最初、劇場でこの映画の予告編を見たときに
「こりゃあかん!なんかつまらなそう!」と
思ったが、見て見ると

おやおやおや!面白い!
ジェームズ・ガン監督とのことだが、あまり知らない
ちょっと調べて見ると、ああトロマから来てる人かー

トロマ・エンターテインメントといえば
悪魔の毒毒モンスターを代表に、もう下劣強烈悪虐な作品を
連発していた映画会社である。

Wikipediaでざっと経歴をみてみたら
かなりの大抜擢でこの作品をつくっているんだなあ
ちゃんと面白い作品を作れる人は
見てくれてはる人はちゃんと居るもんや

とにかく、OPで主人公のピーター・クイル / スター・ロード幼少時代
母親と死別するシーンを皮切りに
怒濤のようにストーリーが展開する。

お母さんがこときれた瞬間の、子供の演技力がすごい
まじでパニクって叫ぶシーンは見事!
あれで涙腺を直撃されたが
めそめそ泣いている場合ではない
いきなし、UFOが出現し あっという間に
拉致誘拐され、そのまま 宇宙の彼方へ…

あっけにとられていると、もう少年は 成人し
おかあさんの形見のソニーのウォークマンを傍らに
宇宙を駆け巡っている!

このあたりの 自由な設定こそ、アメコミ漫画の醍醐味でもあるし
スターウォーズではできない、ふざけた演出も可能になってくる。

とにかく監督の撮影がうまい。
つぎつぎに観客を引っ張る演出を矢継ぎ早にだし
キャラクターを際立たせ
目的に向かって一直線である。

この映画は続編絶対作られそうなので
要チェックですわねえ。


posted by はるきゲにあ at 12:20 | TrackBack(0) | 映画感想

2014年09月14日

こしゅらせてシノンさん

sinonH1.JPG
sinon.JPG

ソードアートオンライン ガンゲイルオンライン(GGO)の
美少女スナイパー・シノンのエッチ同人誌です!
シノンのローライズの短パンのメコスジを、こしゅりたい!命に代えてもこしゅりたい!
という願望を叶えた一冊となっております。
シノンと言えば、やはりあの短パンです!
後ろから見れば、お尻が半分見えてしまい!前からみれば、恥丘が浮き出、
射撃をするときは大股開きで、性器がほぼ丸出し状態です!
そんな、メコスジをこしゅりたいと思うのは、当たり前です!
短パンの布地ごしに、敏感な部分を刺激されて、敏感な陰核を的確にこしこしされてしまい、
シノンの性的欲求もどんどん高まってしまいます。息も荒くなってきた、
シノンさん!もう、メコスジをこしゅるだけではすみません!
エッチな行為はさらにエスカレートして…!!
という一冊になっております!よろしくお願いいたします。
posted by はるきゲにあ at 10:18 | TrackBack(0) | ソードアートオンライン

2014年09月13日

チャイルドプレイ5 チャッキーの種

恐怖映画のシリーズといえば、
13日の金曜日よろしく、おなじよーなネタが繰り返され
あとで回想したときに、なにがなんだかわからなくなるものである。

ジェイソンが、湖の畔で人をコロす映画なんだったっけ?
と、いっても、ほぼ全部そんなかんじなので
記憶も混同されるというもの…
そこに、バーニングがはいってきたら、別の映画までまざっちゃって
さらに、ジェイソンは、エルム街の悪夢のフレディと戦ったり
宇宙まで飛び出たりする…。

それはそれで やっぱり面白いのだが

チャイルドプレイの現時点での 最終章
チャッキーの種 ですわ。

種っていうから、ザーメンかな と おもったら 
まさかの ザーメンでした。

一作目から思い返すに、手を替え品を替え、毎回趣向をこらして
よくつくったなあ・・・ろくに動かない 低予算映画だったころから
よく動く、低予算映画に 育ったのは 感慨深い。

実際、この 5作目… 迷走につぐ迷走を重ね、さらに
取って付けたような、「そんな設定あったっけ?伏線ひいてたっけ?)的な
ワープなシナリオ構成にもかかわらず
物語が 破たんせずに進行し

おやまあ なんとまあ な ラストシーンに向かって 一直線する。

ホラー映画なのだが、怖がるシーンよりも
吹き出すシーンのほうが多い。

チャッキーの子育てって わけわからん。

ともあれ チャッキー君は 殺人人形であることを誇りにおもい
そして いずれまた復活するのだろう。

新作が愉しみである。
posted by はるきゲにあ at 16:04 | TrackBack(0) | 映画感想