2014年09月09日

エメリッヒ ●ジラ

仕事しながら だらだらと、エメリッヒ版●ジラを流すです。
1998年制作なので 前世紀の映画ということになるのです。

べつに、この作品に出てくる 巨大イグアナは、自分から「おす!オラ ゴジラ!よろしくな!」と
自己紹介するシーンなんてどこにもなく、

死にかけたボケじじいが、「ごじら ごじら 」と つぶやいたから 「ゴジラ」になったわけで
イグアナ君も えらい迷惑である。


で、このイグアナくん。 たんにでかいだけの イグアナなものだから
当然、不死身でもなんでもない、マグロが大好物のおっちゃめなは虫類だ。

これを ごじらだあ!と アメリカ軍が襲い掛かる、
雲霞のごとく現れるヘリコプター部隊!

これが、イグアナめがけて総攻撃!
イグアナ君 俊敏なものだから、ひょいひょい よけたら
ミサイルは全部 ビルに命中!どんがらがっしゃん!と破壊され!

「おのれ!ゴジラめ!われわれの街を破壊したなあ!この怪獣王めえ!」

てめえで破壊しといて、全部イグアナの所為である。

潜水艦だって、沈没させたのは味方の魚雷じゃん!

ゆっくり映画をみていて はっきりわかったのは
一番街を破壊して、被害をだしているのは
イグアナではなく 軍隊でした。

大体、ゴジラが 芸のないミサイルごときで死ぬわけがない。
そもそも、ゴジラなら、ミサイルなどよけない!
すべてその不死身の身体で受け止め、平然と己が歩を保つ!
それが怪獣王ゴジラだ!

ゴジラと間違えられた、あわれで、かなしいイグアナは
あっちこっち火器であぶられ 焼かれ ほじくられ 流血し 
虐待の限りをうけ、いきも絶え絶えで 橋の上!
子供も皆殺しにされ、生きる希望も失った、可哀想なイグアナに
無慈悲極まる ミサイル攻撃 連射 連射 連射!

「よくも街を破壊したな!よくも潜水艦を沈没させたなああ!」と
すべての悪行をイグアナになすりつける!

ついに、イグアナは失意の うちに絶命する…。

タイトルを、 摩天楼地獄!は虫類いじめ! と 改めれば
勘違いせずにみれたと思います。
posted by はるきゲにあ at 10:06 | TrackBack(0) | 映画感想

2014年09月08日

こみっく☆トレジャー24

こみっく☆トレジャー24 完了!
晴天で、気温もそれほど上がらず、快適なイベント日和でした。
地獄の釜の如くに暑かったり、
夜叉ヶ池の竜の咆吼のような豪雨だったりするイベントも
思い出に残るモノですが
快適なイベントは、やはりいいものだ。

艦これ人気はまだまだ凄い感じ。
東方の作家さんが艦これを描くので
必然的に東方がしぼんでしまう。

妖怪うぉっちが膨らめば→ポケモンが萎むの法則。
アニメはラブライブが盛況で、こちらもアイマスが萎んでいる印象
常に栄枯盛衰は起きるものだが
いつ何時なにがおきるかわからない。

明日の風はドッチに吹く?


posted by はるきゲにあ at 10:10 | TrackBack(0) | 日記

2014年08月29日

チェイサー2巻

コージィ城倉先生の チェイサー2巻 を 買ってくる。
このマンガは 昭和30年代を背景に
特攻の生き残りの漫画家…海徳光市の奮闘を描いている作品で
ものすごく面白い。

なにが面白いって…手塚治虫に対する 敵対心とあこがれと嫉妬がものすごいエネルギーで描かれる。
虫プロを立ち上げる頃の、手塚治虫の制作パワーは、異常の一言だ。
どう考えてもあんな仕事をこなすのは無理…。
立ち向かおうとすること自体、自殺行為と断言する。

海徳光市も月7本の連載を抱えて猛然と執筆している。
月7本でも、十分殺人的な制作ペースだが

手塚治虫は当時 10本!!!! の連載を抱えながら 
テレビアニメの鉄腕アトムのメインのアニメータをやっていたわけだから
・・・なぜ出来るの?ではなく、
なぜ 生きてるの? という 疑問が素直に湧いてくる。

ともあれ、海徳光市は、なんとかして手塚に追いつけ、あわよくば追い越せないかと
あがきまくるその姿は、とても切ないけれども気持ちが良い。
向上心を持ち続けるのは、いつも良いことだ。

あと。手塚治虫の結婚に対抗して、急遽嫁にもらったBARのブス女(作中でこういってる)が
どんどん可愛くなってくる。
嫁さんというものは いいものだなあ…ti.jpg
posted by はるきゲにあ at 16:53 | TrackBack(0) | マンガ感想

2014年08月26日

ゴジラ ハリウッド版 ギャレス・エドワーズ監督

824798872498.jpg
やっと映画館に行けたー!
このハリウッド版ゴジラはなんとしても劇場で見たかったのだが、
原稿が忙しく、コミケが忙しく、原稿が忙しく
時間がぜんぜん取れない状況に陥ってしまって
劇場を訪れることができなかったのだ。
いまでも忙しいは忙しいのだが
時間をこさえて見に行った。

なんといってもゴジラである。怪獣映画を大スクリーンの超豪華音響システムでみなくて
どうしますか?あーた!

というわけで、至福の時間が始まったわけだ!

とにかく今回のこのゴジラは
ゴジラが好きで好きでしかたのない
ギャレス・エドワーズ監督がつくってるだけあって
しっかりゴジラである。
でかいし、こわいし、街を壊すし、人間も蹴散らす!

アメリカ映画だけあって、街のぶっ壊れ方がはんぱねえ!
ものすげえ、壊れている!
怪獣映画の醍醐味の一つに、文明社会の破壊があるが
これがまたすげえ金かけて、ぶっこわれた街を表現している

この映像だけで、おかずになる!どんぶり3倍は白飯だけで食える!

以下 ねたばれ!
映画見てない人は、これ以降 読んじゃだめよ!だめだめ!続きを読む
posted by はるきゲにあ at 13:03 | TrackBack(0) | 映画感想

2014年08月24日

チャイルドプレイ4 チャッキーの花嫁 Bride of Chucky

Bride of Chucky 
チャッキーの花嫁だと!?

3でばらばらになっちゃたチャッキー君!

こんどの復活方法は!

かなり悲惨である。

手際の悪いサイコパス女の手縫いでつぎはぎされたため
フランケンシュタインの怪物状態で復活!

まさに、化け物!

この姿形で嫁を貰うとは、不届き千万!
とはいうものの、このアイデアは拍手ものである。

宿敵アンディくんへの未練を断ち切り
あたらしい人生を探すための ロードムービー映画になってしまってるど!

もはや、ホラー映画なのかコメディ映画なのか、混乱してくるが

面白い!

嫁のティファニーとの夫婦漫才の連続!
ぼけとつっこみの間合いが、吉本新喜劇でも十分やっていけますぜ!

しかも 制作年は 1998年と かなり映像技術が進み
CGが使える時代にはいっているにも関わらず

この人形夫妻は CGをつかわず あくまでも 人形で撮影している
このこだわりがすばらしい!

まさに、サイコパスサンダーバードのノリで
あれやこれや、洒落にならん悪さを繰り返す!

前3部作とは一線を画する 新展開は成功しましたぜ!
tua1.jpg
posted by はるきゲにあ at 10:43 | TrackBack(0) | 映画感想

チャイルドプレイ3

13日の金曜日のジェイソンもそうだが
恐怖映画の主人公ってのは、
もう、どないでもして 生き返る。

このチャッキー君も、2であんだけぼろぼろになってたのに
その血が、まじった素材を使っただけで
あっさり復活!

そして、三度アンディー君を襲い掛かるために
一生懸命努力する!

人形の姿をしている、というだけで
アンディ君は ただのおっさんである。

エルム街の悪夢のフレディクルーガーのように 超能力をつかえるわけでもないし
オーメンのダミアンのように、バックに、悪魔崇拝軍団がいるわけでもない

小さな身体を動かして、身体は人形、中身はおっさん!どんな、苦労がまちうけようとも
あのアンディをとったる!

もはや、なんか、応援したくなってしまう…

で、この3作目 アンディくんも そこそこ おっさんになっている
軍隊の訓練施設にはいり、そこに アンディ君が紛れ込む!

おっさんと おっさんとの対決である…。アンディがねらうのは
黒人の子供の男の子、それに気づいたアンディ君は
仇敵チャッキーとの 組合いへし合いの大乱闘!

哀れチャッキーは 微塵のゴミとなって散華する。

アンディ3部作はこれにて終了!

1 2 3 作ともそれぞれ 趣向をこらして
アイデアもたくさんぶちこんである。
いろんな映画から設定や演出をぱくっても
許されるのが、ローバジェットエンターテイメントのいいところである。

そして チャッキー君は キャラクターとしてリッパに一人立ちをし
さらなる営業活動を展開するのだろうtua1.jpg
posted by はるきゲにあ at 10:31 | TrackBack(0) | 映画感想

チャイルドプレイ2

ホラー映画というのは、安くつくれて そこそこ儲かる
シリーズ化すれば、同じような展開と セットで
おんなじような、作品をつくっても
そこそこ儲かる!

なので、恐怖映画は気がつくと、ハウリング13なんて、とんでもねえ長編シリーズになってたりするが
たいてい、つまんないので、ほとんど続編は見ない…

チャイルドプレイも 続編がつくられたときに
「ああまたか…」と 見なかったのだが
原稿のBGVにと 2を点けたら

「あらら!面白い!」

一作目の最後で、人間化を始めたチャッキーくんに マグナム弾を何発も何発も何発もぶちこみ
首を切り落としてふんずけてけとばして、腕をちぎって あしをひっこぬいて
苦痛悶絶の大ぜっきょうのなか、火をつけて燃やされ

いや、そこまでせんでもええやろ…と みていたが

そのチャッキー君が 華麗に復活!(復活するんかい!)

再びアンディ君の身体を奪うために立ち上がる

前作では、おしめでもしてそうなアンディ君だったが

おかあさんは、「人形が襲い掛かってくるのー」と本当のことを言ったが為に
精神病院へいれられ
哀れアンディ君は 施設送り!

里子に出されたところに、不死身のわりに結構死ぬチャッキーがやってくる。

そして あれこれ悪さしたあげく、

またもや、全身をずたずたにされ、ぐちゃぐちゃにされ、苦痛と悶絶のなかでチャッキー君は
息絶える!

はーい!次 3作目ーtua1.jpg
posted by はるきゲにあ at 10:21 | TrackBack(0) | 映画感想

チャイルドプレイ


人気タイトル「チャイルドプレイ」
公開当時にビデオレンタルでVHSで視聴したのだが
最近、原稿のBGVで流そうと 点けてみたら
なんか面白い!
なにが面白いかというと、今の時代ではありえない手作り感がとても気持ちいいのだ。
1988年! まだ昭和の時代の ホラー映画である。
当然CGもありえない映像技術でつくられている。

チャッキー君の中身は、そのへんの悪いおっさんである。
悪さこいて、刑事に撃ち殺されて、あやしげな術をつかって
グッドガイ人形に魂を乗り移らせて
この人形をかったアンディくんの身体を乗っ取って
人間に戻ろうと、悪戦苦闘をするお話である。

それにしても、人形と遊ぶアメリカの子供の名前って
みんな アンディなのかね?トイ・ストーリー的に、

で、このチャッキー人形…遠目には小人アクターをつかい
ちかくでは機械じかけで、実にたどたどしく動く

いまの時代なら、変態熊映画「Ted」のように、フルCG画面合成で
縦横無尽に動けるのだろうが
こちらは、努力と根性の大道具でつくっているところが、大しゅきだ。

中身はただの、変態のおっさんが、無垢な少年の身体を奪おうとする展開も萌え萌えである。

で、チャッキー君は 死にましたとさ。

おしまい!tua1.jpg
posted by はるきゲにあ at 10:09 | TrackBack(0) | 映画感想

2014年08月15日

コミケ86お品書き

osina.JPG

コミケ86のお品書きです。
会場にお越しの際は是非覗いてみて下さい。
よろしくお願いいたします。

posted by はるきゲにあ at 10:03 | TrackBack(0) | 日記

2014年06月24日

いあ まあ

その映画館は デートスポットを通り抜けなければ たどり着けない…。

エレベータで、カップルと同じ空間に閉じ込められる。
いちゃついてやがる…

男「なあ、林先生のものまねやってよ…」
女「いやあ…しらない」
男「林先生だよ、あれだよ」
女「いやん」
男「いえよ…」
女小声で「いつやるの いまでしょ…」
男「やろか…いまか…」
女「う…うん」

はるき「だらっしゃああああああああ!!!」 と 心の中でさけんだ!
posted by はるきゲにあ at 13:30 | TrackBack(0) | 日記